ここから本文です

上司に怒られている時、ゆとり世代は何を考えている?

@DIME 8/22(月) 7:32配信

仕事場での新人ゆとりは心持ちの変化が不可解で、結果的にどこに落ち着くか突っ込んで来るか未知でございます。子供と老人の運転する自転車の不安定さと、どこに進んで来るか解らない怖さに似ております。

世の目上方は、そんな扱い難いゆとり新人に随分振り回されているようで、特に怒る/注意する場面においては面倒臭さすら感じているハズでございます。自分の経験は適用できないし、パワハラだの何だのイチャモンは避けたいし、だからと言って3、40代のオバさんが書いたHow Toを読んでも納得いかないし…といった具合に。

今回のコラムでは、怒られる側としての心情や得策など、ゆとり当事者として綴って参りたい所在であります。お付き合い下さいませ。

【その時、ゆとりは…】

新人だから多少のミスは仕方ない。教え方が悪いし、そもそもこの辺の事は教わってない。解る範囲で出来る事はしてるつもりだし、渡された仕事はちゃんとやってる。なのに怒られた…悪いの自分か?例えそうだとしても怒鳴られる程か?というか、お前はそうやって怒れる立場なのか?

大体の場合、新人は叱られている時こんな事を心で思っております。

やってしまったミスはちゃんと自認しておりまして、しかしそこまで怒られるとは想像もしてないわけであります。「注意くらいだろう、次から気をつけよっと」程度の軽さだったりするのですね、彼/彼女等の中では。

そしてそうでないとなった時、開き直りに似た反発心が芽生えて参ります。責任があるのだ、と言えば「新人に責任重い仕事任せんな」と口走りたくなり、人選間違えたお前の所為だろと毒づいたりするのですね。口に出さずとも、この様に腹に色々と切り札を隠し持っているわけで、冷め切った目をしてお叱りを受けていたり、仏頂面をしたりするのは、この為でございます。これが「論破ゆとり」だったりすると、ああ言えばこう言う図が出来上がるのでありますね。目上方も様々なものが沸々と込み上げるでしょうが、時代やメディアが作り上げたルールの様なものが横行している今日では、自分の時同様に叱れないのが現実のようであります。

【叱る時は思いやりが必要か?】

叱る側が合わせろ、との解釈で宜しいのでしょうか。凄まじく良く目耳にする台詞であります。口走る何処ぞの専門家は他人事なのでございましょう。

そもそも、叱られるのは理由があるからで。ミスや損失が出た時、相手を思いやっている場合ではございません。時々に合わせた節度が保たれていれば、思いやり云々なんてものは、相互冷静でない瞬間に持ち出す言葉ではないと筆者は感じるのです。

例え、先述したように心で逸脱した毒を吐かれようと何だろうと、叱る瞬間はしっかり叱って下さいませ。しかし厄介な点は、ゆとり世代は一度萎れると中々元に戻らないという事でありましょう。萎れたものは腐り始めるのですね。それを恐れて、怒れなくなった上司も少なくないはずであります。

【では、得策は?】

そうなると、心折れない様に慎重に言葉を選んで且つ解ってもらえる様に、でも態度や話し方が腹立つから嫌味の一つくらい言わせてもらおう…といった具合の粘り気の強い注意になるわけでありますね。

しかしゆとりは、シンプル且つスマートな言葉で突き刺されるのを好む傾向にありまして。それが湿っぽく嫌味っぽいもの程、彼・彼女の反発心を煽るのであります。つまり後味の悪い説教は、心が萎えますから逆効果なのでございます。

そこで注意する時、叱る時に混ぜ込まない方が良い言葉がございます。

【普通○○でしょ?/普通だったら~/常識だよ?】

比べられて伸びるのはこの世代ではございません。また他人、特に上司によって競争心に火が付く事もございません。凄まじくその言葉を嫌味に受け取ったのち、萎れます。意図的だろうが例え真実だろうが、禁句ですのでご注意を。

また、「どうしてこうなったと思う?」「何がいけなかったと思う?」などの「?」攻撃は至極しんどいものでありまして。上手く答えなきゃというプレッシャーと同時に、早くこの場を終わらせたい気持ちで頭が埋まります。開き直って屁理屈と共に原因を口にするか、何を行っても言い訳だと一蹴されるから閉口するか、それは各々でございます。

そんなこんなで、叱られる時は簡潔明瞭であってほしいと、ゆとりなりに生意気に思っているのですね。軽いジャブを何度もボディに当てるのでは無く、ストレートを一発見舞うのが得策という事でございます。

さて、悩める上司/先輩の方々、いかがでしたでしょうか。

上司に言われてイラッとした云々の記事だったり何かは、シチュエーションが入り交じり過ぎている上に、結局何を言ってもイラっとされるわけですから、鵜呑みにする必要はございません。あまり前知識に囚われない事も、上手く部下を動かす方法なのかもしれません。

文/松永舞香

@DIME編集部

最終更新:8/22(月) 7:32

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き