ここから本文です

松原智恵子 デビュー55周年記念作への思いと「夫婦の絆」

女性自身 8/22(月) 6:01配信

「今回出演した映画の担当の方から『松原さん、この作品は55周年の主演記念作ですよ』と言われて、あらためて数えてみたら55年たっていたという感じなんです」

 そう話すのは、芸能界デビューから今年で55周年を迎える松原智恵子(71)。周りからそのことを言われるまで自分では気が付かなかったそう。

「ですので、50周年のときもとくに周りから何も言われなかったので気付くことなく過ぎてしまっていました(笑)。55というのは『ご縁ご縁』で縁起がよさそうですよね。それでこの作品に出合えたんだなと思いました」

 映画『ゆずの葉ゆれて』(8月20日より有楽町スバル座をはじめ、全国順次ロードショー)は、松原の役名、柚子(ゆうこ)になぞられており、津川雅彦と鹿児島に住む老夫婦を演じた。鹿児島の美しい風景を舞台に、激動の昭和を生きた夫婦の愛の物語が描かれる。

 松原自身もプライベートでは結婚して来年で45年を迎える。映画のような、仲むつまじい夫婦の絆を明かしてくれた。

「物ではないのですが、あのとき主人に言われなかったらどうなっていただろうと思い出す出来事はあります。ちょうど妊娠したときに風邪をひいてしまって起き上がるのも大変なときに『いまは体を大事にして休んだほうがいい』と言われて。もしそのときに無理をしていたらどうなっていたのかわからない。そう思ったときに、あの主人の言葉はとても大事なものだったなと。その1日休んだだけで、だいぶ体の調子を取り戻しましたから」

 現在も互いをいたわりあえる関係なのだという。「年齢も年齢ですから」と語るが、女優としての出演作は途切れることなく、精力的に活動を続けている。最後は、チャーミングにほほ笑みながらこう話した。

「いたって健康ですので。女優を始めたころは若かったせいか、いつまで仕事を続けられるかとか、考えたことがなかった。日々仕事をしていくことが楽しくなっていったという感じです。その積み重ねで55年。まだまだダメで反省することが多いですけどもね(笑)」

最終更新:8/22(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。