ここから本文です

AKB48 加藤玲奈による「れなっち総選挙」センターになるのは誰? SHOWROOMの話題性に注目

リアルサウンド 8/22(月) 7:00配信

 AKB48の加藤玲奈が、「れなっち総選挙」を開催している。

 「れなっち総選挙」とは、加藤が自らの推しメンによる選抜16名を独断で決定するというもの。同企画は、昨年加藤がトークアプリ「755」でファンから「れなっちの推しメン総選挙やってほしい!」という声を受けスタート。企画に賛同し立候補したAKB48メンバー125名より、16位から1位を「755」にて発表。1位には「若いにもかかわらず、MC力がハンパない!」という理由からHKT48の田中菜津美が選ばれた。ほかにも選抜16名には、AKB48から田野優花、島崎遥香、向井地美音、入山杏奈、SKE48より佐藤すみれ、NMB48の山本彩、白間美瑠、HKT48は神志那結衣などバリエーションに富んだユニークなメンバーが並ぶ。その後、総合プロデューサーの秋元康が「楽曲とミュージックビデオを作りましょう」と提案し、AKB48の42nd シングル『唇にBe My Baby』TypeB収録曲の「マドンナの選択」が与えられた。この曲は、『AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2016』のグループランキングで9位と高順位に選ばれている。

 加藤はAKB48の10期生メンバー。加入当初は、12歳と幼い顔つきであったが、現在は大人の魅力を身につけた“ビジュアルメンバー”として、シングル曲選抜では常連の1人となっている。今年の「れなっち総選挙」は、「ツインテールで加藤玲奈と一緒に写真を撮影し、その写真が加藤玲奈のTwitterにアップされたら立候補成立」という参加ルールのもとAKB48メンバーから総勢168人が参加。加藤本人へのアピールや、視聴者と「加藤玲奈にどうアピールするか」の作戦会議を行うために、立候補者メンバーはストリーミング配信「SHOWROOM」にて、8月26日までアピール配信を行っている。

 ここで思い出されるのが、「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」の際にもSHOWROOMで行っていた個人配信だ。シングル選抜総選挙の際は、NGT48の中井りかが“事故ドル”として話題をさらいながら、ポイント数で1位を獲得し『AKB48総選挙! 水着サプライズ発表2016』(集英社)にてインタビューされるといった”爪痕”を残した。

 今回の「れなっち総選挙」SHOWROOM配信ではAKB48の岡田奈々が注目されている。岡田は「45thシングル 選抜総選挙」の際は、体調不良によりSHOWROOM配信を休んでいたため、今回が実質の初配信となる。そして、岡田の配信が注目されている理由は、実の妹との仲の良い姉妹ぶりにある。配信では、AKB48などの楽曲を2人で歌いながら姉妹による相性の良さを見せている。また、SNSでは妹も岡田奈々に似た綺麗な顔立ちから「『れなっち総選挙』に選ばれるのでは?」と言われるほどだ。

 配信はあくまで“加藤へのアピール”という名目であるが、加藤のプロデュース能力はほかメンバーの新規ファン獲得を後押ししていると言っても過言ではない。選抜メンバーは8月28日、加藤のSHOWROOM配信にて発表され、選抜メンバー16名で1冊の写真集を発売する予定だ。加藤のTwitterアカウントには、毎日ファンから推薦コメントとともにSHOWROOMのキャプチャー画像がリプライで届いている。果たして、今年加藤の推しメンセンターの座を獲得するのはどのメンバーなのか。

渡辺彰浩

最終更新:8/22(月) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。