ここから本文です

苦境にあえぐTwitterに、いま必要なもの

WIRED.jp 8/22(月) 11:10配信

ツイッターにとって、自身のプラットフォームにおけるテロリズムとの戦いは特にデリケートな問題だ。

【こんなことも】IS、Twitter社員とジャック・ドーシーを殺害脅迫

これまでも、ツイッターは言論の自由の保護と、暴力的な活動を助長しようとするサーヴィス利用者への取り締まりとの間でバランスを取ろうと努めてきた。が、最近の『WIRED』US版の記事では、Twitterが依然として、IS(Islamic State)の宣伝者にとって自分たちの主張を広め、新たなメンバーを見つけるための「メインエンジン」となっていることがわかっている。

ツイッターは、自分たちのプラットフォーム上でテロリズムを根絶するため、より「積極的な戦略」を採ることを8月18日(米国時間)の投稿で述べている。同時に、同社の「テロリズムポリシー違反」により停止されたアカウントの合計は1年間でおよそ360000アカウントに上ったことも公にしている。また、疑わしいアカウントを識別するため、所有しているスパム排除ツールへの投資を継続しているという。

ツイッターはいま、企業として重要な局面を迎えている。

同社のビジネスは不振のさなかにある。ここ数カ月で同社は、プラットフォーム上の悪用と嫌がらせへの対応の遅れから多くの有名アカウントのプラットフォーム離れを食い止めることもできず、批判の的となってきた。

大統領選が続く限り、政治家はツイッターに対して(シリコンヴァレーのほかの企業も同様だが)圧力をかけ続ける。彼らは、ソーシャルメディアがテロリストの新メンバー募集などに大きな役割を果たすと喧伝するだろう。ゆえに、ツイッターはこれに関する自らの取り組みが確かなものであることを証明しなければならないのだ。

DAVEY ALBA

最終更新:8/22(月) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。