ここから本文です

溺れている人を助けるために「20秒以内で」服を脱ぐ方法

ライフハッカー[日本版] 8/22(月) 19:10配信

ビーチで服を着てバーベキューを楽しんでいる時、誰かが近くの湖で溺れていたとします。あなたはすぐにその人を助けようと行動に移すことでしょう。しかし、もし服を全部着たままで水の中に飛び込むと、溺れている人を助けること自体が非常に難しくなります。

アドバイスサイトの「The Art of Manliness」では、服を着たままで水中に飛び込むのはやめたほうがいいと解説されています。水自体が重く、また服が水を吸うことで体が重くなります。このことは、溺れた人を助けようとする時には何よりの障害になります。そのため、溺れた人を助けに水の中に飛び込む時は、ほとんどの服を脱ぐ必要があるのです。

1952年版のボーイスカウトのマニュアルには緊急時に服を脱ぐときのヒントが掲載されており、今回「The Art of Manliness」が忠実に図で再現しました。こちらにあるのが、紹介されている基本的なステップになります。



“1. 靴を脱ぎながら、ジャケットを脱ぐ。

2. ズボンを脱ぎながら、シャツを肩からずらす。

3. シャツの袖から腕を抜く。(元のイラストからは、ハッキリとは言えませんが、この図ではシャツのボタンを1つ付けなおし、溺れる人を助けるための道具にしようとしているのかもしれません)

4. シャツを口にくわえながら、靴下を脱ぐ。

5. 水の中に飛び込む。

6. シャツを溺れている人に掴ませるべく、伸ばす。溺れている人と一緒に水の中にいる時でも、近くに寄りすぎて引っかかれたり、掴まれたり、蹴られたりするよりは、その人に物を掴んでもらって岸まで引き上げる方がよいでしょう。もし、溺れている人に向かって伸ばすような物が近くにない時は、溺れている人の後ろを泳ぎ、後ろから胸の周りに腕をまきつけ、相手の頭が水中に沈まないように保つようにしながら、岸まで泳ぎましょう。”



特に、シャツか何かを、溺れている人に掴ませることは非常に重要です。人間は溺れている時には本能的な反応を取ってしまうもので、溺れている人が暴れる可能性は十分にあります。シャツを使って溺れている人に掴ませれば、誤って助けようとしてくれている人の顔面を殴ってしまったりといったことも避けられるでしょう。

Eric Ravenscraft(原文/訳:コニャック)

最終更新:8/22(月) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ