ここから本文です

蛭子能収のゆるゆる人生相談 「妻が不倫エッチをしていて…」

女性自身 8/22(月) 6:01配信

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(68)が、本誌読者からの相談に答える!

【Q】「2歳年下の妻が不倫をしました。男友達と飲みに行ってエッチしたようです。妻のスマホのメールが証拠です。妻は泣いて謝ってきますが、僕は離婚しようと考えています。蛭子さんはどう思いますか?」(キシリトーレさん・32・会社員・千葉県)

【A】「浮気する女性にとって、エッチの価値は会話と同じ」(蛭子能収)

 いや~、暑いですね。熱中症になりそうですよ。そういえばオレ、この前まで熱中症はインテリしかならない病気だと思っていました。いつも勉強している頭のいい人が、たまに外に出て、日に当たってクラクラとなるものだとばかり。だからオレは大丈夫かなと。へへへ。

 それにしても、こんなに暑いと、人の相談なんて聞いていられませんよ。しかも、また不倫ですか。最近多いですね。というか、この奥さんは、そんなにセックス自体を重要視していないのかもしれませんね。友達と話をする感覚でエッチしちゃうんですよ。泣いて謝っているのなら、アナタのことが好きなんでしょう。だったら許すのもありです。1回だけは水に流しましょうか。そして「次はないよ」とでも言っておけばいいんです。

 オレの女房が浮気しても、やってしまったことは仕方がない、という感じでしょうね。ある意味、セックスをしたとかしないとか、どうだっていいですよ。こんな暑い日に、深刻に考えると、熱中症になっちゃいますよ。

最終更新:8/22(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)