ここから本文です

浦和を幻惑した「あちこちにいる」 中村憲剛。川崎Fが大一番を快勝

webスポルティーバ 8/22(月) 13:47配信

 左サイドにいるはずの男が、気づけばピッチの真ん中や右サイドでプレーしている。まるで、紅白戦でひとり異なる色のビブスをまとったフリーマンのように――。

【写真】「俺が行くのか、モリが出たほうがいいのか・・・」と浦和のMF阿部勇樹

 J1セカンドステージ首位で、年間順位2位の浦和レッズと、セカンドステージ2位で、年間順位1位の川崎フロンターレによる大一番は、アウェーに乗り込んだ後者が2-1で勝利した。勝敗のカギを握ったのは、自由を与えられた男――川崎・中村憲剛のポジショニングだった。

 車屋紳太郎、登里享平、小宮山尊信と左サイドバックを負傷で欠く川崎がこの日に採用したのは、これまでの4バックではなく、3バック――浦和と同じ3-4-3だった。

 前線の「3」の左サイドに入った中村は、浦和ボールの際にはシステムどおりに左サイドにポジションを取り、対峙する浦和の3バックの右、森脇良太の攻撃参加をケアしていた。

 ところが、マイボールに転じた瞬間、中村はトップ下の選手であるかのようにピッチの中央へ侵入していく。そんな中村をマークするために森脇がついていくと、中村はさらに右サイドのほうまで顔を出す。そうした駆け引きについて中村が言う。

「モリ(森脇良太)がどこまでついてくるのかを見ていたんです」

 森脇が中村を深追いしすぎれば、浦和の守備のバランスは崩れてしまう。「俺が行くのか、モリが出たほうがいいのか、話しながらやっていた」と、浦和のMF阿部勇樹が語ったように、浦和は中村のマークを受け渡して対応した。ボランチの背後にポジションを取られたときには、阿部が後ろを振り返りながら中村の位置を確認し、パスコースを消すようなポジションを取る。だが、それこそが、中村が狙っていたことだった。

「相手にとって(自分が)どこにいるのが嫌なのか、ずっと考えていた。意識していたのは、モリじゃなくて、ユウキ(阿部勇樹)とヨウスケ(柏木陽介)。彼らの背後を取れば、どちらかが背中を見なければいけなくなる。そうすると(うちのボランチ)リョウタ(大島僚太)か、ネット(エドゥアルド・ネット)のどちらかが空く。とにかく、中盤で3対2の状況をつくることしか頭になかった」

 ピッチの中央では、柏木と阿部の2ボランチに対して、大島とエドゥアルド・ネットの2ボランチ+中村というシーンが多かった。ボールを簡単に失わない川崎が数的優位に持ち込んで、パスをつなげないはずがない。それは、阿部も認めるところだった。

「憲剛さんがあのポジションで出るということは、中に入ってきたり、落ちて来たりするんだろうなっていうことはわかっていた。それで大島くんやネット選手とで3対2の状況をつくられて、ボールを回されるときがあった。アウェーでやったとき(ファーストステージ第8節)よりもうまく回されてしまいましたね」

 こうして中村は、前半15分に奪った自身の先制ゴールに代表されるように、浦和のゴール前で危険な存在となったのだ。

 もっとも、中村が浦和のダブルボランチの背後にポジションを取ったのには、もうひとつの狙いが隠されていた。

1/3ページ

最終更新:8/22(月) 15:09

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。