ここから本文です

ピーター・ティールの宿願、ついに叶ってゴーカー閉鎖

WIRED.jp 8/22(月) 15:10配信

人気レスラー、H・ホーガンの「セックスヴィデオ」流出報道に端を発する、米ウェブメディアとの訴訟問題は、大物投資家の参戦により運営会社に対する多額の賠償金支払いというかたちで決着した。

【詳しく知る】出版の未来は「出版社」ではなく「ブランド」にある

その立ち上げから14年、『Gawker.com』が今週にも閉鎖されようとしている。Gawker Media(ゴーカー・メディア、以下ゴーカー)の新たなオーナーとなった米国のスペイン語テレビネットワーク、ユニビジョンが決定した。このことはゴーカーのスタッフに、ファウンダー兼CEOのニック・デントンから伝えられたという。8月18日(現地時間)、マンハッタンにあるオフィスでのことだ。

オンラインジャーナリズムの先駆けともいえるゴーカーが築いた手法は、ウェブでの言説はこうあるべし、というスタイルの基となったと言ってもいい。しかし最悪なのは、『Gawker.com』が世に出した内容はニュースとしての価値はほぼなかったことだ(例えばそれは「コンデナスト〈われわれ『WIRED』の版元だ〉の役員のお出かけ」などだったりする)。あるいは、せいぜい著名人・団体を叩きまくる程度で、そうしているうちに力ある人びとの怒りを買ってきた。

なかでも次の2つの記事が、今回の破滅への第一歩だった。億万長者でヴェンチャー企業の資本家ピーター・ティールがゲイであることを公にしたものと、ハルク・ホーガンのセックスヴィデオ流出記事だ。

ティールは、ホーガンがゴーカーを名誉棄損で訴えた際に秘密裡に資金を援助し応援し、結果ホーガンが勝訴した。ゴーカーには1億4000万ドルの支払い命令が下され、破産に追い込まれ、その編集にまつわるアセットを売却する羽目になったわけだ。

---
【関連記事にリンクあり】
H・ホーガン「セックス動画」流出の損害賠償はメディアを潰すか(2016.03.22)
H・ホーガン「セックス動画」訴訟、賠償金1億ドルをめぐる戦いは終わらない(2016.04.08)
ゴーカー・メディアの破産、ピーター・ティールの報復(2016.06.11)
Gawkerは消え、報道の自由は死に、金をもつ者が残る(2016.06.13)
「報道にとっての暗黒の日」に起きたこと──Gawkerライター、語る(2016.06.14)
---

ゴーカーのライターたちは、同社の抱える『Gawker.com』以外の6メディア(日本でもライセンス・運営されている『Gizmodo』『Lifehacker』など)、またはユニビジョン傘下の他社へと“残留”し、引き続き仕事ができるという(ユニビジョンもテック系の『Fusion』、ブラックニュースやブラックカルチャーの『The Root』を所有している。また同社はニュースメディア『The Onion』の少数株主でもある)。

お抱えライターがどこへ落ち着くかはともかく、『Gawker.com』の閉鎖が厳しい現実であることに変わりはない。それは社員たちにとってのみならず、ジャーナリストにとっても同様だ。

TEXT BY DAVEY ALBA

最終更新:8/22(月) 15:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。