ここから本文です

従業員をより働かせるには、彼ら自身に予定を組ませればいい

ライフハッカー[日本版] 8/22(月) 19:10配信

Inc:従業員にもっと多く仕事をしてほしければ、無料の軽食から出張散髪まで、彼らをより長くオフィスに留めるためにあらゆるものを提供すれば良いです。

しかし、こういった待遇は明らかにコストがかかる上に、もし、従業員が仕事への熱意を既に失っていれば効果は望めないでしょう。でも、もし彼らにもっと多く仕事をさせることのできるずっと安い方法があるとしたら?実はあるのです、さらに良いことに、最新の研究は、コストがかからず、しかもマネジメント業務をより簡単にする方法を紹介しています。一体その方法とはなんでしょう? 従業員自身にスケジュールを設定させるだけで良いのです。

時間管理を減らすことで生産性が高まる

これが、ヨーロッパに住む大学教授3人が発表した新しい研究報告の結論です。彼らは、ある従業員が行う作業のスケジュール管理方法が、その従業員が費やす努力の程度にいかに影響を与えるかを調べたドイツの膨大な資料を分析しました。そして、従業員たちの作業時間と、さまざまな管理された予定に従い義務的に行う所定作業時間の比較をしました。その結果、最も長く仕事をしたのは、上司に時間管理をされた人たちではなかったのです。実際には、管理者が従業員自身に作業開始時間や終了時間、休憩時間を決めさせ、労働時間の管理を全く行わなかった場合に、従業員たちは週当たり7.4時間も所定労働時間より多く働いたのです。人口統計学的要因(例えば、シニア層になるほど裁量があり、より多くを行う傾向にある)による部分もあるが、それだけが要因ではない、と、研究者グループは結論付けています。

大人を大人として扱うとき、何が起こるのか

こうなる理由は何でしょうか? それは、従業員をきちんと大人として扱うと、本質的なモチベーションが奮い立たせられ、会社のためにより努力をするのです。著者たちの計算によれば、既に献身的な従業員を選び、時間管理からの解放という自由を与えれば、指示命令して働かせようとするよりも、週当たり75分多く仕事をするだろう、というのです。このことは、経験豊富なフリーランサーには、それほど驚くべきことではありません。フリーランサーの多くは、9時-17時の束縛から解放されたほうが長く仕事をするものだと、身をもってわかっています。

自分で自分を管理するということは長時間の労働を必要とするという経済的な理由による部分もあるでしょう。しかし、これは単純に、やりたい仕事に没頭した結果でもあるのです。従業員の視点からは、それは極めて単純明快なものです。もちろん、もし小売やサービス業を営んでいるなら、従業員の時間管理を放り出すなんてことはできません。でも、もしオフィス仕事なら、決まったスケジュールは一度忘れて、彼らがやり易いように自由にやらせてみてもいいのかもしれません。


Want Your Employees to Work More? Let Them Set Their Own Schedules|Inc.

Jessica Stillman(訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

最終更新:8/22(月) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ