ここから本文です

SMAP 香取慎吾と草なぎ剛、解散について発言「結成から28年間、本当にありがとうございました」

リアルサウンド 8/22(月) 11:40配信

8月21日放送のラジオ番組『SMAP POWER SPLASH』(bayfm)にて、SMAPの香取慎吾と草なぎ剛が同グループの解散についてコメント。8月20日には中居正広がラジオ番組『中居正広のSome Girl’ SMAP』(ニッポン放送)にて解散報道を受けて語った。

 SMAPは8月14日の未明、ジャニーズ事務所が報道各社に対し「SMAPが2016年12月31日をもって解散する」と発表。8月18日には稲垣吾郎が『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送)コメントし、木村拓哉も『木村拓哉のWhat’s up SMAP!』(TOKYO FM)にて解散について語っていた。

 『SMAP POWER SPLASH』の番組冒頭、香取は、「SMAPは解散致します。SMAPを応援して頂いた沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして、突然のお知らせとなったことを深く申し上げます」とコメント。続けて、草なぎは、「この度、僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくださった皆様、支えてくださった関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進してまいりますので、温かく見守っていただけると嬉しく思います」と話した。bayfmの中でも長寿番組として21年間放送してきたことに触れつつ、昨年番組の20周年を記念して作詞・作曲した「シンツヨ Be on right!」を弾き語りで生披露した。

 『中居正広のSome Girl’ SMAP』で中居は、「関係者のみなさま。我々SMAPが解散することを報告させていただきます。多くのご迷惑をおかけしました。ご心配をおかけしました。お世話にもなりました。このような結果になったことをお許しください。申し訳ありませんでした」と話した後に、「それともう一つ、リオのオリンピック期間中に発表になったということを、スポーツ関係者のみなさまアスリートのみなさま、それを日本中で応援している方々。自分がキャスターにも関わらず、水を差すようなことは申し訳なく思っております。深く申し上げます」と謝罪した。

 ジャニーズ事務所の発表になぞったコメントとなった香取と草なぎ。オリンピック期間中での発表になったことを謝罪した中居。12月31日の解散までにグループがどう動いてくのか。

向原康太

最終更新:8/22(月) 11:40

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。