ここから本文です

毎週200万匹の蚊を放出する、世界最大中国の「蚊の工場」

WIRED.jp 8/22(月) 21:10配信

中国広東省広州市にある熱帯病昆虫媒介抑制共同研究センターでは、ジカ熱などの病気と闘う科学者たちが、蚊の卵に「ボルバキア」という細菌を注入している。その後、成体になった雄を野生に放って、雌に感染させる。感染した雌は、孵化しない卵を産む。同センターは毎週、約200万匹の蚊を放している。

【写真ギャラリー・すべて見る】蚊に与える餌として、動物の血を準備している

カナダ人の写真家ケヴィン・フレイヤーは2015年、この話を耳にしてすぐに飛行機を予約した。「中国は、世界最大の多くのものがあることで知られているが、世界最大の蚊工場はぜひこの目で見なければ、と思った」と同氏は語る。

ヒトスジシマカは、世界で最も普通に見られる蚊だ。蚊が媒介する中国の病気のほとんどは、この蚊が原因だ。また、ヒトスジシマカはジカ熱やデング熱、黄熱病を世界に広めている。

中山大学と米ミシガン州立大学が運営する同研究センターの科学者たちはこの4年間、ボルバキアに感染した蚊を近くの島で大量に放してきた。ジーヨン・シー所長によると、実験場所の蚊の個体群に関する最近の調査では、個体群密度を99パーセント減らせたことがわかったという。

フレイヤーは、6月にラボで4日間過ごし、至るところで蚊を見た。幼虫はトレーの中で泳ぎ、孵化幼生がケージの中を這い回り、容器の中の成虫は放たれるのを待っている。気味が悪いと思う者もいるかもしれないが、カナダのマニトバ州ウィニペグ出身のフレイヤーはひるまなかった。「わたしが育ったところでは、蚊は州鳥だとよく冗談を言っていた」

感染した卵が孵ると、研究員は、雄の幼虫よりサイズが大きい雌の幼虫だけ選んでこれらを廃棄する。2週間後、残った雄の幼虫をケージに移し、動物の血液で太らせる。十分に成長したら、ふたをしたバケツに入れ、沙仔島やDadao Islandsなどの島まで運んで放す。

ケンタッキー州とオーストラリアの研究チームも、同様の研究を行っている(オーストラリア主導の研究チームは2005年からプロジェクトを開始。インドネシア、ブラジル・リオデジャネイロのスラム街などで大規模な蚊の放出実験を行っている)。

米国のヴァンダービルト大学の専門家である医師ウィリアム・シャフナーによると、この方法は、ブラジルなどで行われている遺伝子組み換え蚊の放出(関連記事)ほど物議を醸さない、環境に優しい解決策だという。

LAURA MALLONEE

最終更新:8/23(火) 11:48

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。