ここから本文です

改革の本丸は「農水省解体」? --- 玉木 雄一郎

アゴラ 8/22(月) 16:33配信

アメリカに次ぐ世界第2位の農産物の輸出国はオランダである。
観賞用の花を中心としたオランダ農業は高度に産業化されており、巨大な国際空港であるスキポール空港の近くに立地する花市場は、さながら一大物流拠点の様相だ。

しかし、この輸出大国オランダに農水省はなく、農水大臣もいないことは、あまり知られていない。
実は、オランダにおける農林水産政策は、経済省(Ministry of Economy)の一部門で扱われており、複数いる副大臣の一人が、対外的には農水大臣と名乗ってもいいことになっている。

安倍政権が取り組む農政改革の柱の一つが「攻めの農業」である。
その定義は必ずしも明確ではないが、農林水産物の輸出を増やすことには力を入れている。

輸出振興をはじめとした「農業の産業化」を徹底するのであれば、安倍政権は、オランダのように農林水産省を解体し、同省の行う産業政策的な仕事を経済産業省に移管してはどうか。

そうすれば、輸出振興に関する予算や制度の重複を避けることができるし、効率化も進んで行政改革の観点からもプラスである。

実際、今年の6月から農水省の食料産業局長のポストには経済産業省出身者が就いており、既に「農商務省」に向けた布石は打たれ始めているとも言える。

なお、農地の多面的機能の維持や、国土や森林の保全といった仕事は、環境省や国土交通省等に移管し整理統合することも一案である。

ゾーニング規制の見直しなど、農地や宅地を一体的にとらえた街づくりもしやすくなるはずだ。

今、「農政改革」と銘打って、農政の失敗をJAグループのせいにして厳しく批判することが流行っているが、JAグループを都合よく利用してきたのは、他ならぬ農水省や自民党ではなかったのか。

古臭い農業から脱したいなら、的外れなJAたたきで溜飲を下げるのではなく、改革の本丸である農水省を解体すべきだ。

自分たちだけ安全地帯にいて他者を批判するだけでは、ほんものの改革は進まない。

小泉進次郎・自民党農林水産部会長の2期目の奮起に期待したい。

編集部より:この記事は、衆議院議員・玉木雄一郎氏の公式ブログ 2016年8月20日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はたまき雄一郎ブログ(http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/)をご覧ください。

玉木 雄一郎

最終更新:8/22(月) 16:33

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。