ここから本文です

古巣対決に惜敗のミハイロビッチがミラン17歳GKを絶賛 「去年デビューさせるんじゃなかった」

Football ZONE web 8/22(月) 13:30配信

昨季ミランから会長との確執が原因で解任

 昨季ACミランを率い、因縁の古巣対決となったトリノのシニシャ・ミハイロビッチ監督は開幕戦で2-3と惜敗した後、古巣の17歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマを絶賛した。終了間際の同点PKのチャンスを阻んだ若き守護神について、「去年デビューさせるんじゃなかったよ」と味のあるコメントで脱帽している。

【写真一覧】伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 昨季ミランの監督に就任したミハイロビッチ監督は、鬼軍曹と呼ばれる苛烈な指導でチームを指揮。選手、サポーターから強固な信頼を手にしていたが、トップ下の起用に固執するシルビオ・ベルルスコーニ会長との確執が理由で終盤戦に解任された。会長子飼いのクリスティアン・ブロッキ元監督が下部組織からやってきたが、チームは失速。7位に終わり、3年連続で欧州のカップ戦出場を逃すという悲劇を迎えていた。そして、ミランは経営状態の悪化から中国企業に身売りするまでに凋落してしまった。

 鬼軍曹退任がミラン転落を加速させた遠因となっていただけに、因縁の一戦は注目されていた。

「堂々と戦ったと思う。我々が敗戦に値したとは思わないし、引き分けがふさわしいのではなかっただろうか。PKだけではなく、あまりにもミスが多かった。失点から始まっていたけど、チームは闘志を出して、最後までよく闘った。トーロ(トリノの愛称で闘牛)の精神で闘った。今はミランを称賛するよ」

ハットトリックのバッカも「プロフェッショナルな選手」と称賛

 ミハイロビッチ監督はこう語った。後半16分にミランMFジャコモ・ボナベントゥーラをペナルティエリア内を倒し、決定的な3点目を与えるPKを献上するなどミスもあった。だが、試合終了直前に、FWアンドレア・ペロッティがPKをゲット。同点のチャンスを迎えたが、ドンナルンマがスーパーセーブを見せた。

「PKをはじかなくても、優秀なのは分かっていたよ。こうなることが分かっていたら、去年デビューさせるんじゃなかったよ。ドンナルンマもバッカも優秀だった。彼らはプロフェッショナルな選手たちだ、常に応援しているよ。目標を達成するように祈っている」

 豪快なセルビア人指揮官は味のあるコメントで脱帽した。昨季10月、レアル・マドリードで活躍したスペイン人GKディエゴ・ロペスという前年度の正守護神が君臨していたにも関わらず、当時16歳のドンナルンマを抜擢。トップチームのレギュラーとして固定した。

 ドンナルンマは今やミランの至宝とも呼べる存在となった。教え子のセーブとエースとして信頼し続けてきたバッカのハットトリックでトリノは開幕黒星となったが、ミハイロビッチ監督は潔く古巣の勝利を讃えていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/22(月) 13:30

Football ZONE web