ここから本文です

アーセナル、ムスタフィ獲得に向けた交渉難航で…次のオファー準備か?

フットボールチャンネル 8/22(月) 7:57配信

 バレンシアに所属するドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィの獲得をアーセナルが目指しているが未だ交渉は成立していない。そこで、アーセナルが新たなオファーを準備しているようだ。21日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 アーセナルは、CBペア・メルテザッカーとCBガブリエウが負傷離脱した影響もあり新たなCB獲得を目指していた。そこで目をつけたのがムスタフィだが、同選手とは個人合意したもののクラブ間合意には至っていない。

 ただ、バレンシア側もFPP(ファイナンシャルフェアプレー)遵守にあたり、選手を売らなくてはいけない状況だ。ムスタフィは最も高く売却できる可能性がある選手であり、少しでも多くの資金を回収したいところ。

 対するアーセナルは怪我人続出のCB補強を考えないといけない。しかし、アーセナル側は一人の選手に多くの資金を投入する気がないとされている。少しでも高く売りたいバレンシアと、少しでも安く買いたいアーセナル。両者の考える要求額と提示額に大きな差があるため交渉が難航しているようだ。

 しかし、同紙によると、アーセナルは2500万ポンド(約32億9000万円)のオファーを準備しており、ムスタフィに対しては4年契約を提示する考えがあるとのこと。最初に打診した額は2000万ポンド(約26億3000万円)だった。バレンシア側が要求する3000万ポンド(約39億5000万円)を満たさないものの、これで交渉が一歩前進するかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/22(月) 7:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)