ここから本文です

開幕2戦3発のイブラヒモビッチが早くもマンU優勝宣言 「オレは見通している!」

Football ZONE web 8/22(月) 18:00配信

10月に35歳の誕生日もカリスマは衰え知らず

 マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチが「俺たちはタイトルを勝ち取れる」と、早くも今季のプレミアリーグ制覇を宣言している。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 イブラヒモビッチはパリ・サンジェルマンと契約満了になり、ユナイテッドに加入。プレミアリーグ開幕から2試合で3得点を決め、レスター・シティとのコミュニティー・シールドでも決勝点を挙げるなど、昨季フランスリーグトップの38得点を決めた実力を見せつけている。7年ぶりの共闘となったジョゼ・モウリーニョ監督の下でチームはタイトルを勝ち取れると自身をみなぎらせている。

「タイトルを勝ち取れると信じている。オレは見通しているんだ。ハードワークする必要があるが、優勝を目指す他のチームを手こずらせるよう全てを尽くすよ」

 10月には35歳を迎えるカリスマはプレミアリーグ初上陸でも唯我独尊の強気ぶりに変化はなかった。マンチェスターの「神」になると断言した男は開幕直後の段階で優勝を予言するに至った。

5カ国目のリーグ制覇に自信満々

 公式戦3戦連発中だが、イブラはチームの勝利を何よりも優先しているという。

「オレはチームの勝利の助けとなることに集中している。(リーグ)2試合で2勝をした。これがもっとも重要なことだ。誰が得点を決めるかはそれほど重要ではない。確かに、俺はプレミアリーグで3得点を決めてハッピーだが、まだ始まったばかりだ。シーズンは長い。俺もチームもハードワークし、どんどんよくなっていくだろう。どんな結果が訪れるか待ってみよう」

 オランダ、イタリア、スペイン、フランスとこれまで4ヶ国でリーグタイトルを獲得してきた“優勝請負人”が、イングランドでのあらたなるトロフィー獲得に意欲を燃やしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/22(月) 18:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。