ここから本文です

浅野の労働許可証却下のアーセナルに英紙が「悲惨な夏」と酷評 新天地にベルギー浮上

Football ZONE web 8/22(月) 19:30配信

ジャカ以外の補強に連敗中の名門に批判殺到

 広島からアーセナルへの移籍が決まった日本代表FW浅野拓磨だが、就労ビザが下りずに英国外へのレンタル移籍を余儀なくされた。ストライカーの新天地候補にベルギーリーグも浮上する中、移籍市場での苦境が続くチームの状況は「悲惨な夏」と酷評されている。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 浅野は今夏のリオデジャネイロ五輪、ナイジェリア戦とコロンビア戦で2試合連続ゴールを決めてイングランドでも「アーセナルファンを興奮させるには十分」と注目株として報じられた。しかしA代表として出場経験が少なく、就労ビザ取得の基準を満たしていない浅野に対しては特例での労働許可証が下りなかった。

 アーセナルを率いるアーセン・ベンゲル監督は移籍金が格安の500万ポンド(約6億5000万円)だったことについて「彼は5000万ポンド(約65億円)の経費を必要としなかった」と語った。労働許可証が下りなかったことについて、インフレの一途をたどるプレミアリーグで浅野獲得に必要とした安価な移籍金に対し、就労ビザを管轄する英内務省が「プレミアで活躍する実力者」と見なさなかったと説明している。

 同紙は「タクマ・アサノのワークパーミット取得が却下され、アーセナルの悲惨な夏の移籍市場は続く」と特集。思うように補強の進まない“ガナーズ”の現状を批判している。

ドイツ、フランスよりも格下リーグで修練か

 アーセナルは今夏の移籍市場でスイス代表MFグラニト・ジャカ以外に即戦力を補強できていない。日本代表FW岡崎慎司の同僚イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディやリヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットらストライカーの獲得に動いたがことごとく失敗。また長年の課題とされるセンターバックの補強も進んでいない。リーグタイトルから12年遠ざかる名門は補強でライバルに遅れを取ってしまった。

 今季、アーセナルのみならず、英国でのプレーが叶わない浅野は英国外のクラブに貸し出され、経験を積むことになった。ブンデスリーガやフランスのリーグアンが移籍先に報じられる中、ベルギーのジュピラーリーグが候補に挙がったとレポートされている。

 ベルギーリーグはブンデスリーガ、リーグアンに比べると、リーグのレベルが2段階近く落ちる一方、出場機会を手にする可能性は増える。アーセナルでレンタル移籍を経て、チームの主力として活躍している選手はあまりに少ない。移籍前から苦境に立たされた浅野だが、移籍先次第では成長曲線に大きな影響を与えそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/22(月) 19:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。