ここから本文です

インテル長友に酷評の嵐… 「ポゼッションで混乱しすぎ」「全く何もしなかった」

Football ZONE web 8/22(月) 21:00配信

キエーボ戦で3つのポジション起用も現地紙は低評価

 インテルの日本代表DF長友佑都は、21日のリーグ開幕キエーボ戦で先発フル出場したものの、チームは0-2で敗れた。試合中のシステムチェンジに伴い3つのポジションをこなした長友だが、地元紙は酷評と落第点のオンパレード。「何もできなかった。しかし、全く何もしなかった」など一刀両断にされている。

【写真一覧】伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 長友は4バックの左サイドバックで先発したが、3バックへのシフトに伴い左ウイングバックとなり、後半途中からは右ウイングバックとなった。だが、格下に黒星を喫したインテル守備陣で、インテル最古参の男には厳しい評価が待っていた。

 ガゼッタ・デロ・スポルト紙は5点の低評価。「いつもの寛大なプレー、たくさん走っていたが、この日本人はボールポゼションの際に混乱し過ぎ。最悪だった」と運動量は豊富だったが、チームの攻撃では有効性を示せなかったと酷評されている。

新体制では多くの競争相手が

 コリエレ・デロ・スポルトでも5点だった。「すべてのサイドでプレーした。初めは左、次は右でプレーしたが、何もできなかった。しかし、全く何もしなかった」とポジションを替えただけで、特筆すべき仕事はなかったとバッサリと斬られた。

 トゥット・スポルトも5点。「必要な攻撃参加もせず、(キエーボの)カッチャトーレとカストロのポジションチェンジに苦しんだ」と酷評されている。

 インテルはサイドバックの選手層がダブついており、ポジションを争うライバルは多い。フランク・デブール新監督に重要なリーグ開幕戦でアピールに失敗した長友だが、28日の次節パレルモ戦で名誉挽回のチャンスを手にできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/22(月) 21:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。