ここから本文です

アーセナルOB、リーグタイトルから遠ざかる現チームに言及「何かが欠けている」

フットボールチャンネル 8/22(月) 10:50配信

 メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティを率いる40歳のパトリック・ビエラ氏が、現在のアーセナルの状況について言及した。21日に英紙『メトロ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ビエラ氏は1996年から2005年までの10年間アーセナルに在籍してきた。在籍期間中に数多くのタイトル獲得に貢献しアーセナルの黄金期を経験している。そんなビエラ氏が、現在のアーセナルの状況について言及した。

「私の世代ではフィジカル的に強い選手が多くいた。ここ最近の5、6年間は技術的に優れた選手がアーセナルに多くいるね。私がいた頃は、フィジカル的に優れた選手をベースにしていて、1998年のフランス代表のようなチームだったよ。私は今のアーセナルを見たとき良いサッカーをしていると思う。しかし、何かが欠けているような気がするね」

 アーセナルは2003/2004シーズンで優勝したのを最後にリーグタイトルから遠ざかっている。現在のチームにはメスト・エジルやアレクシス・サンチェスなど、技術的に優れた選手は多くいるが強靭な肉体を武器にする選手は少ない。ビエラ氏が在籍していた時期もアーセン・ヴェンゲル監督がチームを率いていたが、時代の流れに沿ってチームにいる選手のタイプも変わってきているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/22(月) 10:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。