ここから本文です

ベイル開幕戦2発でレアルのエース襲名か! ジダン監督「重要なシーズンになると証明している」

Football ZONE web 8/22(月) 22:33配信

本調子でなくとも勝利の立役者となって指揮官絶賛

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、3-0で勝利した21日の敵地レアル・ソシエダ戦で2ゴールを決めたウェールズ代表FWギャレス・ベイルを絶賛した。

レアルの「今世紀最低の補強10人」 地元紙が選ぶ”銀河系軍団”の獲得失敗例とは

 敵地エスタディオ・アノエタは文字通りベイル劇場となった。FWカリム・ベンゼマもFWクリスティアーノ・ロナウドも故障でいない。看板3トップ「BBC」で唯一ピッチに降り立ったベイルは開始72秒で今季初ゴールを決めた。

 右サイドからのDFカルバハルからのクロスにジャンプ一番。強烈なヘディングシュートで幕を開けると、後半アディショナルタイムにはGKとの一対一のチャンスで巧みにかわし、ダメ押し弾を決めた。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」によると、記者会見でジダン監督はベイルを賞賛していた。

「彼には満足している。彼はフィジカル的には他の選手よりも調整が遅れていた。だが、全く試合では気づかなかった。彼は最高の船出を飾った。決定機を決めなければ、難しいスタジアムだ。ギャレスは彼にとって重要なシーズンになると言っていたが、それを証明している」

「ロナウド、誰?」という報道まで

 ベイルは昨季故障離脱を繰り返しながらも、23試合で19得点11アシストと圧倒的な結果を出した。リーグ最終盤ではロナウド以上の存在感をピッチで放ち、チームをけん引。欧州チャンピオンズリーグでも輝きを放った。欧州選手権では下馬評の低かったウェールズ代表を4強に導いた。今年のFIFA年間最優秀選手最有力のロナウドに代わるエースという期待を集めている。

 英紙「デイリー・ミラー」も「クリスティアーノ、誰? ベイルが72秒弾でレアルの衝撃的な開幕戦勝利の口火を切り、ロナウド不在の穴を埋める」と特集している。開幕戦で2発を決めた覚醒モードの続くベイルは文字通り、レアルのキングになれるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/22(月) 22:33

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革