ここから本文です

ブラジル五輪代表のネイマール二世がバルサ移籍希望! 本家との共闘に「本当に美しいこと」

Football ZONE web 8/22(月) 23:09配信

ユーベ、マンUが狙うガビゴルが発言

 リオデジャネイロ五輪で同国史上初の五輪金メダルに輝いたブラジル代表の得点源は、クラブでもFWネイマールとの共闘を望んでいるようだ。サントスFWガビゴルこと、ガブリエル・バルボサは「ネイマールと一緒にプレーするのは本当に美しいことだろう」とバルセロナでの魔法使いとの共闘を希望している。英紙「ザ・サン」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 ドイツとの決勝戦をPK戦の末の激闘で制したブラジルは、一次リーグで2試合連続スコアレスドローに終わり、早期敗退危機を叫ばれる状況もあった。勝利を厳命されたデンマーク戦でガビゴルは2ゴールを挙げるなど、チームの決戦トーナメント進出に貢献した。その後セレソンは勢いに乗り、頂点まで駆け上った。

 金メダルの立役者の一人となったガビゴルは“ネイマール2世”とも称されている。19歳に見合わぬ決定力の高さから、今夏移籍市場の注目銘柄としてユベントス、インテル、バイエルン、アトレチコ・マドリードなどの各国強豪クラブが興味を示している。またレスターが2700万ユーロ(約30億円)のオファーを出せば、マンチェスター・ユナイテッドが、それを上回る3000万ポンド(約39億円)の移籍金を用意したと伝えられるなど、争奪戦が過熱している。

 しかし本人は決勝戦後「僕はこれまでオリンピックに集中していたので、自分自身のことについて考える余裕はなかったんだ」と今後の去就については明言しなかった。しかし記者から「バルセロナでネイマールと一緒にプレーしたい?」との質問にはこう答えたという。

MSNの控え補強に難航するバルサに朗報か

「彼は偉大な選手だし、彼と一緒にプレーするのは本当に美しいことだろうね」

 明確にバルサ希望は出していないとはいえ、五輪でキャプテンとしての重責をこなしつつも4得点を挙げたネイマールの存在感は非常に大きかったようだ。またバルサ側としてもアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ネイマールで形成する看板3トップ「MSNトリオ」の控えFW確立が難航しており、ルイス・エンリケ監督が補強を求めている。もしガビゴルの言葉が本心ならば、バルサにとっては願ってもない話となる。

 果たしてMSNトリオの後継者として、リオ五輪金メダリストが呼び寄せられることになるのか――ガビゴル争奪戦はさらに激しさを増しそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/22(月) 23:09

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革