ここから本文です

浅野拓磨のレンタル先は…「フランスかドイツだろう」。ヴェンゲル監督が示唆

フットボールチャンネル 8/22(月) 12:15配信

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、日本代表FW浅野拓磨の期限付き移籍について言及した。英紙『エクスプレス』など複数メディアが伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 今夏サンフレッチェ広島からアーセナルへ移籍を果たし、リオ五輪ではU-23日本代表として2得点を決めた浅野だが、労働ビザが下りずに今季のプレミアリーグでプレーするのは困難な状況となっている。

 ヴェンゲル監督は労働ビザが下りなかった理由を「移籍金が5000万ポンド(約65億5000万円)に満たなかったからだ。これはイングランドで知られているルールである」と説明している。

 当初より浅野のアーセナル移籍は他クラブへの期限付き移籍が前提であったが、ヴェンゲル監督がレンタル先について述べ、今季浅野がプレーするリーグについて示唆した。

「彼はどこかでプレーするために移籍すべきだろう。私が望んでいるフランスかドイツでプレーするだろう。彼は私が強く信じた選手である。彼は正しい場所に来たのだから、私は彼を見守っていきたい」

 また、『デイリーミラー』はフランスとベルギーを浅野の移籍先の候補に挙げている。いずれにしても夏の移籍市場は今月限りで締切となるため、浅野は期限付き移籍するクラブを見つけなければならない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/22(月) 12:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ