ここから本文です

去り際のバルサ守護神に…「まだ一緒にプレーしてほしい」。チームメイトが惜別の言葉

フットボールチャンネル 8/22(月) 15:48配信

 バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、移籍が目前に迫るチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの退団を非常に残念に思っているようだ。21日付け『マルカ』が報じた。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介!カウンター、ドリブル、セットプレー…多彩な技でミランけん引

 2年間ともにブラーボとプレーしてきたラキティッチは「その話題は少しうんざりだよ。まだ私たちと一緒にプレーして欲しい。我々選手たちには阿吽の呼吸が出来ており、偉大なファミリーだ。次の日の練習でブラーボを見たい」と語り、惜別の言葉を述べた。

 2014/15シーズンにソシエダからバルセロナに加入した33歳のブラーボは、ここまで公式戦75試合でゴールマウスを守ってきたが、マンチェスター・シティへの移籍が決定的となっている。

 すでにチームからは離れており、ロベルト・フェルナンデスSDも合意を認めていることから公式発表は時間の問題となっている。

 なお、バルセロナはブラーボの移籍に備えてアヤックスに所属するオランダ代表GKヤスパー・シレッセンの獲得を目指すと報じられている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/22(月) 15:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革