ここから本文です

イグアイン、太りすぎの指摘に反論「全くのデタラメ。批判に興味はない」

フットボールチャンネル 8/22(月) 22:35配信

 ユベントスへ移籍したものの、肥満体型を批判されているゴンサロ・イグアインが伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙のインタビューに答え、それらの主張に反論した。
 
 記者の「ピピータ(イグアインの愛称)は太り過ぎだと言われているが、怒っている?」との質問に「全くのデタラメだ。あらゆる試合の前にこう言うが、僕はどんな時もゴールを決めるつもりでいる」と答えたイグアイン。

【特集】美の競演…世界の美女サポーターたち

 フィオレンティーナとの開幕戦はベンチスタートだったが、後半途中からピッチに立つと宣言通りゴールを決めて見せた。「批判には興味がない。僕は自分の資質を疑っていない」と自信たっぷりに語るのもうなずけるパフォーマンスで周囲を黙らせている。

「いい状態だ。20日間トレーニングしてきて、常に前進してきたし、成長したい。ユーベではとても幸せだ。もちろん移籍の選択は簡単ではなかったが、同時に正しいものだと思っていたからね」

 セリエA得点王としてナポリを離れ、宿敵ユベントスでの挑戦を選んだイグアインは充実の日々を過ごしている。見た目は太ったようにも捉えられなくはないが、プレーに影響はないようだ。数多のチャンスを得られるチャンピオンチームでもこれまで通りゴールを量産する姿を見られるに違いない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/22(月) 22:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。