ここから本文です

女性や若者が患いやすい? 「不安障害」の原因と治療法

Forbes JAPAN 8/22(月) 16:00配信

うつ病と同じく不安障害もまた、私たちが思うよりも多くの人に影響を及ぼしている。世界で何億人、あらゆる社会経済的階級、地域、年齢の人々がこの障害を患っている。



この不安障害の有病率について医学誌「ブレイン・アンド・ビヘイビア(Brain and Behavior、脳と行動)」に発表された新たな研究で、いくつかの興味深い所見が示された。

英ケンブリッジ大学では、不安障害について行われた過去の1,200の研究について検討し、このうち研究チームの試験対象基準を満たした48の研究の結果を検証した。その結果、世界全域での不安障害の有病率は約4%、有病率が最も高かったのは北米で約8%、最も低かったのは東アジアで3%弱だと明らかになった。

女性は男性に比べて有病率が2倍で、発症に収入は関係ないようだ。年齢で見ると、35歳未満のより若い世代の方がなる可能性が高かった。

また心臓病や多発性硬化症のように、慢性的な健康上の問題を抱えている人々は、健康な人々よりも発症する可能性が高かった。さらに妊娠中の女性や出産して間もない女性は、そのほかの女性に比べて強迫性障害を患う可能性が高いことが分かった。

北米、オーストラリアとニュージーランドの先住民などの下位集団(サブグループ)については、データが少なすぎて、有病率を正しく理解することはできなかった。ドラッグの使用者、若者のホームレス、レズビアン、ゲイやバイセクシャルの人々についても同様だった。

「不安障害は、一部の人々の生活を極めて困難なものにする可能性がある。この病気がどれだけ一般的なものか、そしてどのグループの人々が最もリスクにさらされているのかを保健当局が理解することが重要だ」と、報告書の著者であるオリビア・リムズは言う。

「収集したデータを検証した結果、特に女性と若い人々、それに慢性的な健康問題を抱えている人々が特に、不安障害になる可能性が高いことが分かった」

こうした結果は大きな驚きではないものの、研究の規模と厳密さを考えると有力なものだ。過去の複数の研究でも、不安障害は男性よりも女性に多くみられるという結果が示されてきた。この傾向にはいくつかの理由が考えられる。
--{SNSで苦しみを共有する動きも}--
女性は男性以上にうつ病になりやすい傾向があり、多くの場合、これが不安障害と密接に関係している。ホルモンバランスの変化(特に出産後や更年期)も関係している可能性がある。また女性は男性よりも考え込んでしまう傾向にあり、それがうつ病だけでなく、不安障害をもあおる可能性がある。

不安障害のしくみを理解するためには、今後さらなる研究が必要だ。この疾患はすでに、非常に多くの人たちを悩ませるものになっている。しかし、現在のところこの疾患の治療法府は確立されておらず、診察を受ける以外には運動や瞑想などの自己療法を勧めるしかない。また、自分一人で抱え込まず、もっと積極的に人に相談するよう促すことができる程度だ。

ソーシャルメディア上では、新たな有力なトレンドもみられる。パニック障害を起こしている最中、あるいはその後の写真を投稿するなど、不安障害を患う人々が自分の苦しみを他人と共有する動きがある。もちろん、誰もがソーシャルメディアを利用している訳ではないし、世界では依然として多くの人たちが、精神疾患を恥と考えている。治療を受けやすい環境にない人も多いのだ。

だが、より多くの人が精神疾患をごく一部の人だけがかかるものではなく、恥ずかしいものでもないことを理解するようになれば、患者も助けを求めやすくなり、今ほどの孤独感は感じなくなっていくだろう。

Alice G. Walton

最終更新:8/22(月) 16:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ