ここから本文です

変貌自在の「セル型ロボット」CellRobot クラウドファンディングで資金調達開始

Forbes JAPAN 8/22(月) 7:00配信

テック系ガジェットの分野では、その使用用途が明確でない製品が登場することも珍しくない。その一例として挙げられるのがCellRobotで、便利なガジェットあるいは教育的なおもちゃだと開発者は主張している。



8月16日からクラウドファンディングのKickstarterでキャンペーンを開始したCellRobotはセルと呼ばれる球体を組み合わせて作る進化するロボットだ。最も重要なセルは頭脳の機能を担うハートで、スピーカーとスクリーン、響孔があり、BluetoothかWiFi、Zigbeeを利用してアプリで制御できる。球体のそれぞれの半球が自動制御で独立してローテーションすることで歩行などの複雑な動きを実現する。カメラも搭載されている。

CellRobotは物を持ったり絵を描いたり、写真を撮影することができるので、オリジナルのアシスタントロボットを作り出せるかもしれない。タイヤをつけて自動車のような形にもなるので、ホームセキュリティー・ロボットとしても使うことも可能だろう。

それぞれのセルの速度やローテーションなどはアプリで設定できる。設定情報はCellRobotのコミュニティでシェアできるため、他のユーザーが編み出した特定の機能を実現するための設定を探すこともできる。

CellRobotはロボティクスを学べるオープンAPIも提供している。アプリのカスタムモードでは詳しいローテーションの角度が設定できるため、独自のデザインを実現できる。複雑なパラメーターを設定すればするほど、動きも複雑化する。

アプリはiOSとアンドロイドに対応する。Kickstarterでは50万ドル(約503万円)の資金調達を目指している。

Curtis Silver

最終更新:8/22(月) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。