ここから本文です

開幕戦から絶好調の“野獣”メッシ! 過去の開幕戦を振り返ると…

SOCCER DIGEST Web 8/22(月) 17:10配信

昨シーズンはPKを失敗したが、その前の4シーズンでは――。

 ベティスとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦で6-2の大勝を収めたバルセロナ。らしさ全開でカンプ・ノウの観客を大喜びさせたが、なかでも彼らを狂喜乱舞させたのが、エースのメッシだ。
 
 37分に中央に切れ込みながら強烈なシュートを叩き込んでチームの2点目を決め、58分にもアルダのパスを受け、中央から難なくゴール。それだけでなく、見事なパス出しで3ゴールに絡むなど(アシストは1)、圧倒的な存在感を見せ付けた。
 
 ベティスのポジェ監督が「試合が異常に長く感じた」と振り返るなど、相手に苦痛と絶望に満ちた時間を与えたメッシ。彼のプレーに驚いたのは敵だけでなく、開幕ハットトリックを達成したスアレスは「彼は野獣のようなスタートを切った。世界一の選手だ」と語っている。
 
 コパ・アメリカ・センテナリオでは、チリとの決勝で自身のPK失敗もあって敗退を喫し、失意のなかでアルゼンチン代表引退を宣言するなど、悲劇の存在となっていたメッシだが、バルサには例年よりも早く合流し、調整も順調に進めていた。
 
 その甲斐あってか、プレシーズンマッチでも好プレーを見せ、セビージャとのスーパーカップ2連戦、そしてベティス戦と、別次元のプレーを披露してみせた。
 
 昨シーズンはスーパーカップ、リーガ開幕戦と、ビルバオとの3連戦となったが、バルサはスーパーカップを落とし、開幕戦は1-0の辛勝。メッシ自身はPKを失敗して先制のチャンスをフイにするなど、いまひとつのプレー内容に終わった。
 
 これとの比較から、今シーズンの彼のスタートダッシュには驚きも覚えたものだが、過去を振り返ると、メッシのリーガ開幕戦での得点率は非常に高い。
 
 2004年10月16日に行なわれたリーガ第7節のエスパニョール戦でトップチームデビューを飾って以来、今夏で13回目のシーズンを迎えたメッシだが、自身が開幕戦のピッチに立ったのは10回。そのうちの7試合で、通算12得点を挙げている。
 
 1試合2得点の回数も多く、今シーズン以外にも4回、しかも2011年から4年連続で記録している。2014年8月にエルチェ相手に2ゴールを決めた際には、新任のL・エンリケ監督は「現実とは思えない。魔法のようなプレーだ」と絶賛したものである。
 
 キャリアの大半において、シーズンの頭から結果を残し続けているメッシ。それだけでも称賛すべきだが、今回のベティス戦を見れば分かるように、ゲームコントロールやアシストなど真価を遂げており、チームへの影響力は高まる一方である。
 
 多くの人々に望まれて代表引退を撤回するなど、心身ともに充実しているであろう世界一の選手は今シーズン、これまで以上の極上の魔法を披露してくれるかもしれない。
 
◎メッシ・デビュー以降のバルサ開幕戦
2016-17 ○6-1 ベティス
得点:スアレス(3)、メッシ(2)、アルダ(1)
2015-16 ○1-0 ビルバオ
得点:スアレス
2014-15 ○3-0 エルチェ
得点:メッシ(2)、ムニル
2013-14 ○7-0 レバンテ
得点:メッシ(2)、ペドロ(2)、A・サンチェス、A・アウベス、シャビ
2012-13 ○5-1 ソシエダ
得点:メッシ(2)、プジョール、ペドロ、ビジャ
2011-12 ○5-0 ビジャレアル
得点:メッシ(2)、チアゴ、セスク、A・サンチェス
2010-11 ○3-0 ラシン
得点:メッシ、イニエスタ、ビジャ
2009-10 ○3-0 ヒホン(出場なし)
得点:ボジャン、S・ケイタ、イブラヒモビッチ
2008-09 ×0-1 ヌマンシア
2007-08 △0-0 ラシン
2006-07 ○3-2 セルタ
得点:エトー、メッシ、グジョンセン
2005-06 △0-0 アラベス(出場なし)

最終更新:8/22(月) 19:29

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。