ここから本文です

スティーヴン・タイラー、SNSでディズニー・ワールドに反撃:「おれに中指を突き立てるとは」

ローリングストーン日本版 8/22(月) 18:00配信

スティーヴン・タイラーは、ディズニー・ワールドが"ロックンローラー・コースター"に登場するタイラーのハンドサインを削除したことに対し、「おれに中指を突き立てるとは」とSNSに書き込んだ。

【画像あり】スティーヴン・タイラー、SNSでディズニー・ワールドに反撃:「おれに中指を突き立てるとは」

エアロスミスのスティーヴン・タイラーがディズニーに反撃した。考えつく限りもっともバカバカしい方法で。ウォルト・ディズニー・ワールドが、エアロスミス演出のジェット・コースター・アトラクション"ロックンローラー・コースター"内で17年前から上映しているイントロ・ムービーに映っていた、タイラーの卑猥なハンドサイン"ショッカーサイン"(性的な要素の極めて強い卑俗なジェスチャー)を削除したことに対する反撃である。「おれはショックだ」とタイラーはFacebookに書き込んだ。「まったく最高だね。ウォルト・ディズニーがおれに中指を突き立てるとは。17年も経った後にだぜ。来週会おうな。ディズニーの最もイカしたジェットコースターにこれを捧げる」。

音楽系WEBサイト、アルティメイト・クラシック・ロックによると、タイラーは寄り目でメガネをずらし、"FUCK"と書かれた帽子をかぶってショッカーサインをした写真も投稿している。その後のTwitterにも写真を載せ、「このサインは一体どういう意味だと思う? この帽子が動かぬ証拠か?」とディズニーに問いかけ、「来週会おうぜ」と煽っている。

問題となっているハンドサインは、フロリダ・ベイレイクにあるディズニー・ハリウッド・スタジオに1999年に建設された"ロックンローラー・コースター"のイントロ・ムービーに登場する。映像は、レコーディング・スタジオのエアロスミスが観客に語りかけるスタイルで、タイラーは彼らのマネージャーにバックステージ・パスを配るよう指示している。WEBサイト、インサイド・ザ・マジックが報じたところによると、その"男たちの間で90年代に流行ったサイン"とされる性的なハンドサインが、デジタル処理で削除されたという。

タイラーは最近、初のソロ・カントリー・アルバム『サムバディ・フロム・サムウェア』をリリースしたばかり。6月には、ハワード・スターンに同アルバムのことと、2017年にラストツアーを行う予定があると話している。「おれはバンドが本当に好きだ。この件に関して心配はいらない。"さよならツアー"をやるのはやる必要があるからだ。まだやっていないからね」。

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

Ryan Reed

最終更新:8/22(月) 18:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。