ここから本文です

ネバダの砂漠に出現するクレイジーな共同体

ニューズウィーク日本版 8/22(月) 15:10配信

<米ネバダ州の砂漠で毎年開催されるカウンターカルチャーの祭典「バーニングマン」は、かつてのアーティストの実験場からIT長者の集うイベントへと変容した>(参加者は多種多様なアート作品を展示し、仮装し、人形を燃やして騒ぎまくる)

 ジョン・ロウは、「バーニングマン」について話したくないと言い張る。でも一度話し始めると、言いたいことはいくらでもあるようだ。

【参考記事】日本に観光に来た外国人がどこで何をしているか、ビッグデータが明かします

 バーニングマンとは、米ネバダ州の砂漠で毎年開催されるカウンターカルチャーの祭典。ロウは発起人の1人だが、96年に手を切った。まだチケットが35ドル、参加者8000人だった時代だ。

 今では起業家のイーロン・マスクやグーグル創業者のセルゲイ・ブリン、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグら億万長者が参加する大イベントに。マスクはかつてこう言った――HBOのドラマ『シリコンバレー』のクリエーター、マイク・ジャッジは、シリコンバレーのカルチャーを理解していない。なぜならバーニングマンに参加したことがないからだ。

Jim Urquhart-REUTERS

 このイベントでは約1週間にわたり、砂漠に期間限定の街を造って自給自足の共同生活を営む。巨大人形に火を放って燃やすことからバーニングマンの名称が付いた。参加者は奇抜な仮装やパフォーマンスを繰り広げる、クレイジーなお祭り騒ぎだ。

 今年の開催は8月末~9月初め。7万人前後の参加者を見込み、チケットは190~1200ドルと予想される。広報のメーガン・ミラーによれば大量のチケットが無料配布されるが、大多数の参加者は390ドルを支払う。20年前の10倍以上だ。



Jim Urquhart-REUTERS

 発足当初はこんな規模になるはずではなかったと、ロウは言う。アーティストの集う聖地で、ルールのないつかの間の社会を築く実験場だった。それが今はシリコンバレーのエリートに私物化されている。「カネのない若造やヒッピーがリッチな若造やヒッピーに仕え、トップダウンで支配される社会になってしまった。そういうものから遠ざかるために砂漠に行ったのに」

 ミラーが言うには、チケットの値上がりは単に、年々膨れ上がる運営コストや保険、許認可料などを賄うため。14年の運営コストは3000万ドルに上った。

Jim Urquhart-REUTERS

【参考記事】リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

 ロウは今でも、このイベントが若手アーティストの人生を変える経験になるかもしれないと考える。それでも、実際には金持ちのお砂場遊びになっている。

「フェイスブックやグーグルが従業員に与える休暇としては、最高のものだろう」と、彼は言う。「バーニングマンは今や企業休暇だ。会社公認で裸になり、ドラッグをやり、会ったばかりの誰かとやれるイベントだ」

[2016.8.23号掲載]

リー・スン

最終更新:8/22(月) 15:23

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。