ここから本文です

24時間いつでも焼きたてのパン自動販売機が登場!

ニューズウィーク日本版 8/22(月) 16:22配信

 焼きたてのパンをもっと気軽に食べられるように――。サンフランシスコ発「Le Bread Xpress」は、焼きたてバケットを提供する無人のマイクロベーカリーを開発・提供するスタートアップ。

Benoit Herve-YouTube

 長いバケットをボックスの中で焼き、購入されると十数秒でパンがお客のもとに運ばれる。いわゆる進化した自動販売機モデルである。

Benoit Herve-YouTube

 支払いは、現金、カードなどで行なうことができる。

Benoit Herve-YouTube

 ビジネスとしても投資対効果の高い24時間対応のマイクロパン屋。米国では20億ドル規模のマーケットになるとも言われている。

 自動販売機は、今後「マイクロ○○」「モバイル○○」へと進化を遂げる。そして、コンビニのように違和感無く、私たちの日常生活の中に入り込んでくる。

【参考記事】店内で栽培した「採れたて」野菜を売るスーパー



※当記事はSocial Design Newsの提供記事です


Social Design News

最終更新:8/22(月) 16:22

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。