ここから本文です

佐藤健のナレーションがかっこいい!TOYOTA GAZOO Racing「ル・マン2016ドキュメントムービー」を公開!!

clicccar 8/22(月) 20:33配信

2016年WEC(世界耐久選手権)第3戦ル・マン24時間レースを振り返る「ル・マン2016ドキュメントムービー」が、TOYOTA GAZOO Racingのオフィシャルサイト内「ル・マン 2016 特別ハイライトページ」で公開されています。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



世界3大レースの1つであり、世界一過酷とも言われるル・マン24時間レース。

豪雨という荒れたコンディションでスタートしましたが、23時間以上が経過した時点で中嶋一貴選手がドライブするトヨタTS050ハイブリッド(5号車)がトップを走行! トヨタのル・マン初優勝を誰もが信じていた残り3分というところでマシンがホームストレート上でストップしてしまい、優勝を逃してしまうという衝撃の展開となってしまいました……。



ドキュメントムービーでは、残り3分で達成 することができなかった トヨタの悲願「ル・マンでの勝利」に対する想いとともに、ル・マン24時間レースのハイライトを振り返ることができます。

そうそう、映像はもちろんかっこいいのですが、ナレーションも素敵なんです! この声どこかで聞いた事があるなと思ったら、人気俳優の佐藤健さんがナレーションを担当していました。

あの時の言葉にできない思いが蘇ってきますが、トヨタがすでに来年のル・マン24時間レースへ進み始めていることが感じられる素晴らしい映像でしたよ。

またサイト内ではドキュメントムービーの他にも、中嶋一貴選手(トヨタ5号車)、小林可夢偉選手(トヨタ6号車)、レーシングハイブリッド・プロジェクトリーダーの村田久武 氏(モータースポーツユニット開発部長) の3名によるインタビューテキストも公開されています。

それぞれの視点で今年 のル・マン 24 時間レースを振り返り、「ル・マンでの勝利」や WEC を通じたクルマづくりにかける想いについて語っているので、こちらもお見逃しなく!

(yuri)

最終更新:8/22(月) 20:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。