ここから本文です

「清正は心のどこかでは三成を止めてあげたいという気持ちも持っています」新井浩文(加藤清正) 【真田丸インタビュー】

エンタメOVO 8/23(火) 8:30配信

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、豊臣家の武闘派の武将、加藤清正を演じている新井浩文。秀吉(小日向文世)への忠義の心に変わりはないものの、石田三成(山本耕史)らと対立する清正。内部崩壊していく豊臣家へのじくじたる思いを語る。



-清正の三成への感情をどう表現していますか。

 一応「反三成」ということになっていますけど、監督と相談して「清正は(三成の排除や三成に反抗することに)そんなに乗り気ではない」という芝居をやっています。福島正則(深水元基)が「わぁー」と行くのに対して、清正は演技的にはそういうふうにはやっていない。とても微妙なところを攻めている状態です。心のどこかでは三成を止めてあげたいという気持ちも持っている。そういう解釈でやっていました。

-清正はこれまでの戦国ドラマでは固定されたイメージのものが多かったのですが、今回は違いますね。

 中国の三国志にはめちゃくちゃ詳しいのに、日本の戦国武将を知らないのでいろいろ調べはしましたけど、結局は、いろんな説があってどれが正しいのか分からないのが歴史の面白さだと思っています。それを空想でやるのが作りものとしての時代劇の面白さ。まず三谷(幸喜)さんの脚本ありきで、そこから監督と話し合って作っていっています。本当の清正がどんな人物だったのかが分かっていないのが正直なところだと思います。それと清正のイメージという点で言えば、実は先日飲み屋で「歴女」の方に、「真田丸」での清正を「あんなの加藤清正じゃない」ってめちゃくちゃ批判されたんです(笑)。笑って対応しましたが、「固定観念ってこういうことを言うんだな」と思いました。実際(真実が)分かりませんから、彼女もある意味では正しいとも言えますしね。

-大河ドラマを体験したことで何か感じましたか。

 集まってくる俳優が、年齢も違うし、やってきた演技の土台も違うし、芝居のアプローチも違うし、どんな演技がいいのかが分からないことです。年配の人から見たら、これまで見慣れてきた時代劇とは違う、うちみたいなさらっと系の演技をしている人は、学芸会みたいでへたくそだなと思われているかも。そこは難しいなと思いました。

-「真田丸」の共演者の中ですごいと思う人はいますか。

 まず山本さん。場慣れされているのか所作がすごいんですよ。ずっと山本さんを見てやっていました(笑)。それと堺(雅人)さんは基本的には無言なんですが、「あのシーンはああいうふうにやった方がいいんじゃないかな」ってスタッフにさりげなく言ってくれて、周りの共演者がやりやすいようにしてくれる。堺さんのあの気配りはすごいですね。

-三谷さんの脚本はいかがですか?

 お仕事するのは初めてなんですが、三谷さんの映画は好きだったから、「真田丸」も面白いですね。それと、この間、紫式部と清少納言が登場する三谷さんの二人芝居「紫式部ダイアリー」を見に行ったんですが、分かりやすく、現代語でやる人と時代劇っぽくやる人を明確に分けて絡ませているところが、「真田丸」と似ているなと感じました。

-初めてということで、三谷さんお得意の当て書きはまだされていないのですか。

 全然されていません。うちは(清正みたいに)酒癖が悪くないし(笑)。そもそもめちゃめちゃ酒には強いし、品のある飲み方をしますからね(笑)。でも、先日ある会合で三谷さんにお会いした時、その日誕生日だった人にケーキを渡すタイミングで拍手をしたら、三谷さんから「新井くんって、何かすごく女っぽい拍手をするね」って言われたんですよ。「(外見から受けるイメージと)全然違うんだね」って感心されていました。

-では、今後は当て書きが期待できるかもしれないですね。

 かもしれないですね。そうだとうれしいです。

最終更新:8/23(火) 8:30

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。