ここから本文です

小島よしお、子どもたちとの触れ合いで人気を確信 「いつか子どもを授かったら」と親子コラボの夢も

エンタメOVO 8/23(火) 17:11配信

 TBSのキッズ向けアニメーション番組「カミワザワンダ」のイベントショー「小島よしおと踊ろう!『サンバdeワンダ』」が23日、東京都内で行われ、小島よしおほかが出演した。

 アニメの登場人物であるワンダやユートらによるショーに続いて登場した小島は、ネタ披露のほか会場に集った子どもたちとのコールアンドレスポンスなどで盛り上げると「今日のことを夏休みの絵日記に書くんだよ。ワンダとよしおのことを一緒に書いて」と呼び掛けた。

 その後は、ワンダやダンサーと共に「サンバdeワンダ」を踊り、「とにかく思い切り。少々間違えても“そんなの関係ねえ!”と思ってやること。ママにも一緒にやってもらえば、気になる二の腕の運動にもなると思います」とアピールして笑わせた。

 また、閉会したばかりのリオデジャネイロ五輪について「日本のメダルラッシュがすごかったですね。やっぱり水泳は同じ格好をしているので自分のことのように応援していました。リレーもすごいと思って、同じ海パン仲間として誇りに思っちゃいます」とおなじみの海パン姿に自信をのぞかせた。

 「今日踊ってみて確かな手応えを感じた」と子どもの間での人気を確信。たくさんの子どもたちと触れ合いながら「すごくかわいかった。いつか子どもを授かったら海パンをはいて『へたこいた~』『そんなの関係ねえ』とやりたいなと強く思いました。曲を流してぜひコラボしたい」と新婚ということもあり、親子コラボの夢を語った。

最終更新:8/23(火) 19:03

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。