ここから本文です

小林幸子&篠原信一がベッドでまさかの“共演”

Smartザテレビジョン 8/23(火) 4:30配信

'07年にVOCALOID「初音ミク」を使用した自作オリジナル曲を動画投稿サイトに投稿して以来、VOCALOID黎明期から現在に至るまで大人気“ボカロP”として活動を続けているdoriko。

【写真を見る】超貴重なdorikoとの3ショットも!

ニコ動かいわいでは、知らない人はいないと言っても過言ではないほど有名なボカロP“doriko”の、'09年に発表された500万再生を超える最大のヒット曲「ロミオとシンデレラ」が“ラスボス”小林幸子によって“実写”でよみがえる。

'16年8月31日(水)、初音ミクの “誕生日”に「doriko feat.初音ミク」として発売されるdorikoのベストアルバムに、小林幸子が歌う「ロミオとシンデレラ」の音源が収録されているが、今回プロモーション用として作られたミュージックビデオに、小林本人がシンデレラに憧れるミクの役で出演。

今回制作されたMVは、「ロミオとシンデレラ」のリンゴを持ってベッドに横たわるミクの前に、男性の手が覆いかぶさる一枚絵が印象的なイラスト動画を忠実に再現している。

ミクのキュートで、どこか色気のある雰囲気がそのまま投影されたかのように、小林がリンゴを持ちながらベッドに横たわり、色っぽく、かつかわいらしく歌い上げている。

さらに、イラストでは謎に包まれていたミクの前に覆いかぶさる男性の手の正体。想像をかきたてる男性の手の正体は…何とカメラがズームアウトした先には、凛々しい表情で堂々と佇む柔道家・篠原信一の姿が!

最後の最後に正体が明らかになった、小林と篠原という意表をつく豪華2ショット。途中で見るのをやめず、ラストカットまでしっかりと注目してほしい。

最終更新:8/23(火) 4:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。