ここから本文です

谷繁監督休養でも勝てない中日「落合・白井降ろし」の予兆

NEWS ポストセブン 8/23(火) 7:00配信

 極度の不振でセリーグ最下位に沈むドラゴンズの谷繁元信・監督の“電撃休養”の余波はまだまだ収まりそうにない。

「今回の一件は、白井文吾・球団オーナーの後ろ盾を得た落合博満・GMが、監督に責任を押し付けたもの。落合GMは監督に相談もせず、ベテラン勢を切ったり、補強もすべて自分で仕切っていた。それらが全くうまくいかなかった結果の低迷ですから、谷繁監督含め球団関係者は“GMの契約は来年1月に切れる。それまでの我慢だ”という気持ちでなんとか頑張っていた。

 にもかかわらず、夏場に入って落合GMが“今年もBクラスなら谷繁解任”と発言したという情報が流れ、コーチ陣も球団幹部も一斉に谷繁監督から離れていった。孤立して、最後は谷繁監督が連れてきた佐伯貴弘・守備コーチくらいしか話せる味方はいなかった」(球団関係者)

 谷繁パージ後の球団内には火種が残った。親会社・中日新聞社の内部で、白井―落合ラインの専横に批判的な勢力が力を増しているのだ。同社関係者はこういう。

「社内に相当数の反オーナー派が存在するのは、紙面でわかる。中日新聞・中日スポーツが自社の代表取締役会長でもある白井オーナーの批判と読めるような異例の記事を載せているんです。〈白井オーナー翻意〉といった見出しが躍り、記者の署名入りで〈監督だけの責任か〉と表題をつけたコラムまであった。谷繁監督の無念を晴らそうという空気が広がっている」

 落合GMの腹心である森繁和・ヘッドコーチが現在監督代行としてチームを引き継いでいるが、一向に浮上の兆しがない。

「白井オーナーは88歳でゴルフのエージシュートを達成するほど元気。本人はまだ引退する気はないが、強引に監督を休養させておいて最下位で終われば、落合GMと合わせて責任追及の声が社内からも公然と出てくる」(同前)

 チームは最下位に落ち着きつつあるが、親会社内のバトルはこれから目が離せない。

※週刊ポスト2016年9月2日号

最終更新:8/23(火) 9:07

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。