ここから本文です

名古屋ぎらい コメダ珈琲常連、衆院議員、森本レオが反論

NEWS ポストセブン 8/23(火) 11:00配信

 ベストセラー『京都ぎらい』(井上章一著・朝日新書)に倣い、大特集した本誌・週刊ポスト前号(2016年8月19・26日号)の「名古屋ぎらい」。他県の住民にはどうしてもなじめない独自の文化や習慣を“愛を込めて”紹介したつもりだったが、残念ながら名古屋人の逆鱗に触れてしまったようで、本誌には芸能人や政治家からも反論が寄せられた。反響を肌で感じるべく、本誌は恐る恐る名古屋へ飛んだ。

 JR名古屋駅にほど近い書店の店員は、「『名古屋ぎらい』という文字が目立つポストの新聞広告をお持ちになったお客様に『この雑誌はありますか』と聞かれました」という。また、モーニングで有名な名古屋のチェーン店「コメダ珈琲」に立ち寄ると、雑誌のラックに本誌が置かれていた。店の常連だという50代男性も怒り心頭だ。

「この記事の何が名古屋の人間を怒らせるか教えてやろうか。他県のものをパクっていると書いとるところだがや。何が三重県発祥よ。天むすが“広まった”発祥の地は名古屋でしょうが」

 こうした反論の声は一般市民だけでなく、政界からも挙がっている。長く愛知県議を務め、現在は愛知1区選出の衆院議員である自民党の熊田裕通氏は「名古屋人は批判ばかり」という指摘を否定する。

「そう言わず、“目が肥えている”と思っていただきたい。例えば、お笑いの方々は名古屋を凄く重視すると聞いたことがあります。名古屋でウケたら全国でも必ずウケるといわれるほど、笑いに厳しいそうです」

 また前号で紹介した名古屋独自の「開店祝いの花を持ち去る」習慣は、むしろ「良いことだ」と話す。

「記事で最も違和感を覚えたのが、この風習を“悪いこと”のように書かれていたことです。僕は“良いこと”だと思っています。だって、ずっと置いておけば花は枯れますよね。だから、祝いの花を持って行くことで、開店の喜びを皆さんで共有するという意味が出てくる。なぜ、それを批判するのか疑問ですね」

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 11:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。