ここから本文です

「幸楽」が改装!?“渡鬼”スペシャル放送決定!

Smartザテレビジョン 8/23(火) 6:02配信

橋田壽賀子ドラマ「『渡る世間は鬼ばかり』2016年スペシャル」(仮)が、今秋にTBS系で放送されることが決定した。

【写真を見る】今回の放送で見納め! 約20年以上にわたって使用された「幸楽」のセット

今回は、五月(泉ピン子)が中心となって約40年以上切り盛りしてきた中華料理店「幸楽」の改装が決定するところから始まる。改装がきっかけとなり孤立してしまった五月と、変化していく人間模様を描いていく。

「幸楽」の改装に伴い、約20年以上使用されてきた「幸楽」のセットも今回の放送が見納めとなる。レトロな雰囲気漂う店内や、さまざまな料理が生み出されてきた厨房など、長年にわたって人々に愛されてきた「幸楽」がどのように生まれ変わるのか必見だ。

主演の泉ピン子のコメントは以下の通り。

【泉ピン子コメント】

今回の物語は、五月が孤立してあちこち訪ねる話なので、出番はものすごく多いです。全体の9割以上は出ているんじゃないですか。まさに「渡る世間は五月ばかり」。今までで初めてです。せりふもたくさんあるけど、91歳の橋田(壽賀子)先生が一生懸命書かれたドラマだし、自分としては今までの集大成だと思って、初心にかえって演じています。

「幸楽」改装のため、夫と仮住まいで生活を始めるんですが1年半ぶりなのに角野(卓造)さんといるとすぐに『夫婦』になれる。やっぱり、26年もこの役を演じてますからね。

それでも、2人だけの芝居はせりふもいっぱいあって大変でした。「幸楽」も、自分たちの時代から娘夫婦の代に移っていく。世代交代は仕方がないけど、長い間親しんできた店が改装で変わってしまうのは寂しいですね。

最終更新:8/23(火) 6:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。