ここから本文です

14種類以上がそろうパエリア専門店が京都に登場!

東京ウォーカー 8/23(火) 14:44配信

京都・烏丸御池に、常時14種類以上のパエリアがそろう「パエリアレストラン バラッカ」が6月にオープン。

【写真を見る】大ぶりな肉のブロックが食欲をそそる「鶏とウサギのパエリア」

「海の幸のパエリア」や「鶏とウサギのパエリア」など、伝統的なパエリアからオリジナルまで、常時14種類以上と多彩なラインアップ。

また、一人前サイズから提供しているので、一人でも気軽に味わえるのはうれしいところ。おつまみや軽食として食べるタパスは、常時30種類以上と豊富なので、“テーブルをタパスでいっぱいにして賑やかに食事をする”といった、スペインのスタイルで楽しんでみてはいかがだろうか。

店内は、白やオレンジを基調として、木のぬくもりや賑やかな小物を並べた、スペインの伝統家屋バラッカをイメージさせる内装となっている。1階は一人でも楽しめるバルスペースで、2階にはゆったりとしたテーブルスペースを設けており、使い勝手も良さも魅力的だ。【関西ウォーカー編集部/今津裕貴】

最終更新:9/12(月) 15:47

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。