ここから本文です

SMAP解散で中居正広と元マネージャーのI女史が描くこれからの"シナリオ"とは

週刊女性PRIME 8/23(火) 5:00配信

 8月中旬に解散を発表したSMAP。メンバーはこれからどうしていくのだろうか。

「紅白司会6回、オリンピックキャスター7回という実績があり、現在テレビのレギュラーが6本。来年からはバラバラで活動することになるSMAPですが、中居正広に関しては今後も安泰との声が多数。

 騒動後の2月に即、『金スマ』を『金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)にタイトル変更したのは、解散を想定してのことだったのかも」

 と、テレビ局関係者は中居について語る。

「彼の番組を続けたいというテレビ局の意思表示ですね。タモリや明石家さんま、松本人志らの大物芸能人と仲がよく、プロデューサーやテレビ局幹部からの信頼も厚い」

 ジャニーズ事務所という強力な後ろ盾がなくてもやっていける実力と人脈がある中居。ひとり独立する道を選ばずにSMAP解散後も事務所に残るという苦渋の決断は、最後までリーダーであり続けようという表れでもあった。

「今回は3人を残していくことはできなかった。ただ、裏では着々と算段をしていると思いますよ。大手プロダクション社長との“密会”がウワサされる元マネージャーのIさんは、現場への“復活”を考えていると聞きます。

 来年、香取、草なぎ、稲垣らがいつでも退社してもいいように基盤を固め、Iさんを含めた独立を模索した5人で“チーム中居”を結成するかもしれません」(芸能プロ関係者)

 『週刊文春』のインタビューの際に、Iさんは「今話すと迷惑がかかる」と答えていたとも。裏を返せば“今”でなければいいということか。

「4人が強気になれたのは、大手事務所がバックにいるから。ジャニーズを出てすぐに入るのではなく、中居が代表となって事務所を作り、Iさんが加わるというシナリオです。

 彼女はジャニーズを追い出された形ですが、そのままおとなしく引っ込んでいる“タマ”じゃありませんよ」(前出・テレビ局関係者)

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革