ここから本文です

SMAPを失った木村拓哉、"裏切り者"扱いされるも「事務所幹部の道は開けた」

週刊女性PRIME 8/23(火) 0:00配信

 日本中に衝撃を与えたSMAP解散報道。実はこの解散で最も大きな傷を負うのは木村拓哉だとも言われる。

 家族とのハワイ旅行中に解散を聞かされたとされ、《本当に情けない結果になってしまいました》とのコメントを残したことも批判された。

「“自分は努力したけど4人が反対し続けた結果こうなった”と、メンバーのせいにしているように受け止められたんです。

 世間では“裏切り者”扱いで、やることなすことすべてが叩かれてしまう悪循環に陥っています。スーパースター“キムタク”の時代はSMAPとともに終焉を迎えることになりかねません」(スポーツ紙記者)

 木村が持つレギュラー番組はラジオのみ。映画やドラマ、CMが主な仕事なのだ。来年は主演映画『無限の住人』の公開があり、1月にはTBS系『日曜劇場』でドラマ主演が内定している。

「同じクールで草なぎのドラマもありますから、視聴率では負けられません。Iさんではなく、J副社長のもとでの初ドラマだからなおさらのこと。

 数字の取りやすい医療モノでの失敗となれば、キムタクブランドの失墜につながります」(テレビ誌ライター)

 俳優がダメならバラエティーで、というのは難しい。

「5人の中でキムタクが一番つぶしがきかないというのは常識。キムタクはバラエティーを仕切るのは向いていないし、歌も“SMAPの中ではうまい”という程度。

 若いときはアイドルとして人気でカバーできましたが、演技力がそれほどあるわけでもない。みんなチヤホヤしすぎたんですよ。騒動で悪いイメージもついてしまった彼は、今度のドラマは正念場だと思います」(制作会社スタッフ)

 独立騒動の際、木村が土壇場で考えを変え4人と対立したのは、メリー喜多川副社長と親しい妻の工藤静香が夫を説得、思いとどまらせたからだという。静香の作戦は成功したように見えるが……。

「確かに近藤真彦や東山紀之と同じように、将来の事務所幹部の道は開けたとしましょう。でも、木村に対して向けられる後輩グループからの目は冷ややかなものがあります。

 ジャニーズでも人望のある中居を“裏切った” わけですから。若手からの尊敬を失えば、事務所では木村でさえ名ばかりのトップ“はだかの王様”になるのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 騒動のせいで、ジャニーズのブランド自体にも傷がついてしまった。ほかのグループにも危機感が広がっている。

「嵐の冠番組が軒並み不調で、勢いが衰えてきたことがはっきりしてきました。ゴリ押しする若手グループも、三代目J Soul Brothersに勝てない状況です。

 テレビ局でもジャニーズタレントを使ってもあまり数字が取れない現状に、ちゃんとした役者を使ったほうがいいという風潮にもなってきています。ただジャニーズというだけで主演するのは難しくなるでしょう」(テレビ局関係者)

 IさんとJ副社長との“派閥争い”が引き起こしたとされる、ファン置いてけぼりのSMAP解散が、ジャニーズの苦境を招くことになってしまうのだろうか。

「慎吾が意固地になっているのには理由があります。木村が憎いというよりは、Iマネージャーをクビ同然に退社させた事務所そのものに愛想が尽きたみたいですね。このままでは、ジャニーズを出るのも時間の問題でしょう」(前出・芸能プロ関係者)

最終更新:8/23(火) 0:09

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)