ここから本文です

目尻と黒目下にちょこん♪ カラーマスカラが主役のサマーメイク

集英社ハピプラニュース 8/23(火) 23:00配信

楽しいイベントがいっぱいの夏は、TPOに合わせてさまざまなメイクを楽しみたいもの。「キャンプやフェスに合うメイクが知りたい!」と美に貪欲なマキアブロガーからリクエストをいただきました。 そこで今回は、ヘア&メイクアップアーティストの榛沢麻衣さんに、夏にぴったりなカラフルメイクテクを教えてもらうことに♪

<カラーマスカラ2色使いで
大人のサマーメイクを楽しんで!>

Q 「キャンプやフェスなど、アウトドアシーンにマッチするおすすめメイクを教えてください! 普段は中々できないカラー使いで、ちょっぴり目立てるとうれしいです」(チーム★美セレブ・ゆきさん)

A 「アウトドアでは、夏の強い日差しに負けないカラーメイクがイチオシ。赤と黄色のカラーマスカラを、思いきって2色使いしちゃいましょう! とはいえ、まつげ全体に塗ると子どもっぽくなってしまうので、ポイント使いするのがコツ。さらに日焼け風チークをあわせれば、ヘルシーにまとまり、カジュアルなスタイルともバランスが取れます」(榛沢さん)

【メイクHOW TO】
【1】黒のマスカラを上下のまつげに塗ったら、赤のカラーマスカラを、上まつげの目尻3分の1にON。
【2】下まつげの真ん中に黄色のカラーマスカラを。

塗る場所を少しずらすことで、マスカラの色がけんかせず、さりげないけれど印象的なアイメイクに。

<使用したコスメ>
☆Wカラーマスカラ 05 ¥4,000
Wカラーマスカラ EX-01 ¥4,000/ともにRMK Division☆
Wエンドのカラーマスカラ。05はグレーとイエロー、EX-01はパープルとレッドなど、洗練された色あわせで、個性的なまなざしに。

【3】オレンジチークをブラシに取り、頬の高い位置に広めの楕円形に入れ、日焼け感を演出。

<使用したコスメ>
☆チーキーシークブラッシュ 01 ¥3,000/THREE☆
クリアな色彩とシルキーなツヤで、肌そのものの光沢まで引き出すコーラルチーク。気分まで明るくなるような色みが夏にぴったり。

<こちらもおすすめ!>
☆クラシック フィルム チークス 01 ¥3,000/RMK Division ※2016年8月12日(金)数量限定発売☆
水のようなテクスチャーで、内側から色づいたような血色感を与えるウォーターベースのチーク。ノンパールのフレッシュなピーチカラーが、みずみずしい表情を演出。

撮影/伊東祐輔 ヘアメイク/榛沢麻衣 モデル/ゆき(チーム★美セレブ) ライター/イトウウミ

集英社

最終更新:8/23(火) 23:00

集英社ハピプラニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革