ここから本文です

【MLB】岩隈・田中・前田、好成績の要因は制球力の高さ。チーム先発の柱、シーズン規定投球回クリアへ

ベースボールチャンネル 8/23(火) 6:50配信

チームで最も多くのイニングを投げている3人

 ハイライトという点では、3000安打に到達したイチロー(マーリンズ)に及ばないものの、田中将大(ヤンキース)、岩隈久志(マリナーズ)、前田健太(ドジャース)の3人は、開幕からローテーションを守って投げてきた。

 いずれもシーズン規定投球回のクリアは、まず間違いないと思われる。

 過去に、3人の日本人投手が規定投球回に達したシーズンは3度あった。1999年は野茂英雄(ブルワーズ)、吉井理人(メッツ)、伊良部秀輝(ヤンキース)、2000年は野茂(タイガース)と吉井(ロッキーズ)にマック鈴木(ロイヤルズ)、2013年は岩隈(マリナーズ)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)、黒田博樹(ヤンキース)が揃い踏みした。

 1999年と2000年は3人とも防御率4.00以上だったが、2013年は岩隈とダルビッシュが2点台後半、黒田は3点台前半を記録した。

 今シーズンの3人は揃って3点台をキープしており、2013年の再現とはいかずとも、1999年と2000年を凌ぎそうだ。8月20日を終えた時点の防御率は、田中が3.24、前田が3.29、岩隈は3.78となっている。

 イニングについても、今シーズンの3人は防御率と同じ位置付けになるだろう。

 1999年と2000年は200イニング以上が一人もいなかったが、2013年は3人とも200イニングを突破した。今シーズンは、田中が161.0回、岩隈が157.0回、前田は136.2回を投げている。このペースなら、前田は180イニング台にとどまるが、田中と岩隈は200イニングを超える(ちなみに、昨シーズンは規定投球回以上の日本人投手が皆無だった)。

 ただ、それぞれのチームにおける働きからすれば、今シーズンの3人は2013年に勝るとも劣らない。2013年の3人中、チーム最多イニングは岩隈しかいなかった。それに対し、今シーズンは3人とも、チームで最も多くのイニングを投げている。

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 6:50

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。