ここから本文です

ニューヨーカーのように着こなす8つの方法

ハーパーズ バザー・オンライン 8/23(火) 10:42配信

ニューヨーカーのように、スタイリッシュでエフォートレスなシティルックを手に入れるには? おしゃれスナップからそのルールを導いた。

【写真で見るニューヨーカーのおしゃれルール8箇条】

レザージャケットは一年中使えるアイテム

アップタウンにいてもダウンタウンにいても、レザージャケットは常に場違いということはない。スタイルを際立たせるエッジィさを加えながら、他のニューヨーカーたちの装いからも浮かないアイテム。

迷ったら? 迷わずとも! ブラックを

トレンドカラーは移り変わるけれど、ブラックは永遠にすたれることがない。ニューヨーカーたちはこのスタイルの秘密を知っている。ブラックを着ていれば、間違いなし。ネイビーとグレーがそれに続く、一年中使えるシックなニュートラルカラー。

持つべきはステートメントシューズ

何よりも、結局シューズがものを言う。楽チンさは忘れて。美は痛みを伴うものだから。もし街をハイヒールで渡り歩かないといけないなら、痛みにも耐えるべき。

イットバッグが命

NYではハンドバッグを持たない女性を見かけることはない。切り詰めることはできない、必要な投資なのだ。クラシックなシャネルの「2.55」なのか、トップショップのキュートなトートバッグなのか。値段ではなく、あなたのバッグに対する思いが大切だ。

アクセサリーはさりげなく

アクセサリーで飾り立てるのではなく、さりげなくプラスするのがニューヨーカー流。シルバーやゴールドのジュエリーをチョイスすれば、どんなコーディネイトもシックに決まる。

身だしなみには気を遣って

ひとつだけ確かなことがあるとすれば、ニューヨークの女性たちはネイルを塗ることを怠らない。小ぎれいにセットされたヘアから、ペディキュアをした足の爪まで、すべて完璧に仕上げて。

自分に自信をもって!

NYはアティチュードこそがすべて。自信をもって服を着よう。ニューヨークの通りはあなたのキャットウォークなのだから。さぁ、自分のスタイルを思い切り見せつけて!

最終更新:8/23(火) 11:42

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。