ここから本文です

【自転車レース】頂上ゴールのブエルタ第3ステージはジュニエズが区間優勝

CYCLE SPORTS.jp 8/23(火) 8:28配信

モビスターのフェルナンデスが総合首位

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、8月22日にマリンからドゥンブリアのミラドール・デ・エサロ(カテゴリー3)にゴールする中級山岳区間の第3ステージを競い、フランスのアレクサンドル・ジュニエズ(FDJ)が逃げ切り、2013年につづいて2度目の区間優勝を上げた。

ジュニエズは序盤から逃げ出した7選手の1人で、ポイント賞のマイヨ・ベルデと山岳賞のマイヨ・デ・ルナレスも獲得した。

メイン集団からはゴールの激坂でスペインのルベン・フェルナンデス(モビスター)が先行し、ジュニエズから21秒遅れでゴールし、総合首位に立ってリーダージャージのマイヨ・ロホを獲得した。

チームメートのアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)は、4秒遅れでクリストファー・フルーム(チームスカイ)、エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ)と一緒にゴール。ナイロ・キンタナ(モビスター)はこのグループより6秒遅れただけだったが、アルベルト・コンタドール(ティンコフ)は28秒遅れてしまった。

第3ステージでは、フランスのワレン・バルギル(ジャイアント・アルペシン)がレース中盤にリタイアした。彼は開幕前から副鼻腔炎を患っていた。


■第3ステージ結果[8月22日/マリン~ドゥンブリア(ミラドール・デ・エサロ)/176.4km]
1 アレクサンドル・ジュニエズ(FDJ/フランス)4時間28分36秒
2 ルベン・フェルナンデス(モビスター/スペイン)+21秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+26秒
4 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+26秒
5 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+26秒
6 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+32秒
7 イゴール・アントン(ディメンションデータ/スペイン)+32秒
8 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+54秒
9 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+54秒
10 ジャンルーカ・ブランビッラ(エティックス・クイックステップ/イタリア)+54秒
24 アンドリュー・タランスキー(キャノンデール・ドラパック/米国)
53 スティーブン・クルイスウエイク(チームロトNL・ユンボ/オランダ)+2分02秒
70 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+3分54秒
89 ミハウ・クウィアトコウスキー(チームスカイ/ポーランド)+6分11秒
105 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+7分55秒
112 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+9分23秒

■第3ステージまでの総合成績
1 ルベン・フェルナンデス(モビスター/スペイン)9時間16分07秒
2 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+7秒
3 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+11秒
4 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+17秒
5 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+17秒
6 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+46秒
7 ピーター・ケンユック(チームスカイ/英国)+47秒
8 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)+51秒
9 ダニエル・モレノ(モビスター/スペイン)+58秒
10 ジャンルーカ・ブランビッラ(エティックス・クイックステップ/イタリア)+1分01秒
12 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+1分31秒
14 イゴール・アントン(ディメンションデータ/スペイン)+1分34秒
27 スティーブン・クルイスウエイク(チームロトNL・ユンボ/オランダ)+2分14秒
87 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+7分26秒
112 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+11分27秒

[各賞]
■マイヨ・ベルデ:アレクサンドル・ジュニエズ(FDJ/フランス)
■マイヨ・デ・ルナレス:アレクサンドル・ジュニエズ(FDJ/フランス)
(第4ステージはシモン・ペロー(IAM/スイス)が着用)
■マイヨ・ブランコ:ルベン・フェルナンデス(モビスター/スペイン)
(第4ステージはアレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)が着用)
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:シモン・ペロー(IAM/スイス)

最終更新:8/23(火) 8:28

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。