ここから本文です

生産者5人!甘く、とろける「こやのせ宿場なす」

リビング福岡・北九州 8/23(火) 12:20配信

1989年頃からナスの生産が行われている、長崎街道宿場である八幡西区の木屋瀬地区。同地区で栽培されたナスは、「こやのせ宿場なす」と命名され、地元の人たちの食卓を彩ってきました。

【写真】「こやのせ宿場なす」キャラクター・旅からすなす次郎

初期は10軒以上の生産者が手がけていましたが、現在は5軒。出荷量は減りましたが、6月中旬から霜が降りる11月頃まで、「かっぱの里 八幡店」(八幡西区馬場山東2の9の7、TEL 093・618・0101)で販売されています。

最終更新:8/23(火) 12:20

リビング福岡・北九州

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。