ここから本文です

生産者5人!甘く、とろける「こやのせ宿場なす」

リビング福岡・北九州 2016/8/23(火) 12:20配信

1989年頃からナスの生産が行われている、長崎街道宿場である八幡西区の木屋瀬地区。同地区で栽培されたナスは、「こやのせ宿場なす」と命名され、地元の人たちの食卓を彩ってきました。

【写真】「こやのせ宿場なす」キャラクター・旅からすなす次郎

初期は10軒以上の生産者が手がけていましたが、現在は5軒。出荷量は減りましたが、6月中旬から霜が降りる11月頃まで、「かっぱの里 八幡店」(八幡西区馬場山東2の9の7、TEL 093・618・0101)で販売されています。

最終更新:2016/8/23(火) 12:20

リビング福岡・北九州