ここから本文です

「想定外」では済まされない豊洲市場の土壌汚染―仲卸を営む渡部区議からの寄稿

政治山 8/23(火) 11:50配信

 築地市場が移転し、豊洲市場として開場するのは11月7日の予定。すでに3カ月を切っていますが、多くの問題点が指摘され、未だに解決策を見いだせないまま、小池百合子都知事が決断を下そうとしています。そこで、地元である中央区の議員として、また自ら築地市場の仲卸を営んできた当事者の1人として、豊洲への移転に警鐘を鳴らし続ける渡部恵子区議にご寄稿いただきました。

住民と利用者の視点から、豊洲移転は何が問題なのか

 昭和10年開場の築地市場が、豊洲市場へ移転するまで、カウントダウンが始まっています。しかしながら、今、豊洲市場の問題が再びクローズアップされ始めています。その理由は、一店舗が狭すぎて包丁が引けないなど様々ありますが、一番大切な問題である土壌汚染工事を終えたはずの豊洲市場で、再び有害物質が計測されたことが原因です。

 東京の台所・築地市場の移転は、利用者にとって何が問題なのか、これからお話しいたします。

土壌汚染工事終了後も有害物質が検出

 そもそも豊洲市場が建設されている土地は、1956年から88年まで東京ガスが石炭から都市ガス製造を行う工場跡地だったため、その土地と地下水を汚染してしまいました。発がん性があるベンゼンは43,000倍、シアン化合物(青酸カリ)は860倍など、環境基準値を大きく上回る汚染された土壌がそのまま残されました。当時、東京ガスは「この土地は売れない」と断りましたが、石原都知事は、50数億円で購入しました。さらに東京都は858億円をかけ、土壌汚染対策工事に着手。

 ところが、本年2016年4月から5月にかけて行われた調査結果を、東京都庁で6月28日「土壌汚染対策工事と地下水管理に関する協議会」で報告しました。

<施設内空気の測定結果(抜粋)>
・ベンゼン 青果棟にて2カ所  0.0019ミリグラム/1立方メートル
・ベンゼン 水産仲卸棟にて  0.0012ミリグラム/1立方メートル
・ベンゼン 水産卸棟にて   0.0006ミリグラム/1立方メートル

 「東京の台所」と謳われる中央市場で、本来検出されてはならない化学物質が検出されていることが、まず大きな問題です。これまで、東京都は「汚染工事は終了した」と報告していたにもかかわらず、青果棟では環境基準値の6割、水産仲卸棟では同値の4割に値する発がん性物質ベンゼンが検出されたのです。

1/3ページ

最終更新:8/23(火) 11:50

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革