ここから本文です

キャサリン妃が訪英米国人観光客の会いたい人No.1に!

25ansオンライン 8/23(火) 12:20配信

最近『Booking website Hotels.com』が行ったリサーチによると、英国を訪れるアメリカ人が、「最も会いたい人」 のトップ5がすべて女性で、輝く第1位は、キャサリン妃だったそうです。続いて2位は、僅差でエリザベス女王。やはり英国を代表するお方の人気は強し!ですね。そして3位が、ハリー ポッターの作者 J.K ローリング。小説&映画ともに人気のハリポタ効果は絶大。4位には、実力派シンガーのアデル、5位は今やベテラン女優となったケイト・ウィンスレット。

【写真特集】訪英米国人観光客の会ってみたい人トップ5

ここでもロイヤルが占めていることに驚きつつ、小説家にミュージシャン、女優と、幅広いジャンルからの女性たちが選ばれていますが、いかに英国では、女性が様々な分野で活躍しているかを実感しますね。もしくは、英国といえばやはり女性が強し!?ということかも。
私的には、エリザベス女王を抜いてキャサリン妃がトップの座というのは意外でしたが、アメリカでも確実にキャサリン妃人気が高まっていることがわかりますね。そして英国の観光業の分野においても、ロイヤル効果が影響していることを実感します。

英国のEU離脱の影響により、今後国外からの観光客が増えることも期待されるだけに、ロイヤルズの存在はますます大きくなりそうです。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:8/23(火) 12:20

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。