ここから本文です

会社の従業員が秘かに欲しがっている6種類の福利厚生

ライフハッカー[日本版] 8/23(火) 21:10配信

長期休暇、有給休暇、フレックスタイム、在宅勤務などの選択肢は、今昔変わらず誰もが望むことです。でも、もしあなたの会社の従業員にアラジンのランプが与えられ、際限ない望みをかなえることができるとしたら、一番の望みとして出てくるものに驚かされるでしょう。さらに良いことに、彼らの望みは、あなたの会社にとっても利益となることもあるのです。

ひとつ良い例があります。健康的なものしか売っていない自動販売機はどうでしょう。あなたの社員の健康を重視することは、すべてのことでプラスになります。自動販売機で健康に良い飲食物を適正価格で提供することができれば、従業員がより健康になるだけでなく、高価な外食も抑えることができます。さらに、これから雇う人を惹きつけ、現在の従業員も幸せにしてくれる、いくつかの例をあげてみましょう。

1. 近所の託児所

これを実現する方法はいくつもあります。あなたの会社の規模にもよりますが、会社近くに低価格、または無料の託児所だって作ることができるかもしれません。場合によっては、従業員が子供を職場に連れてくることを許可することさえ可能です。それには他の従業員の邪魔にならず、また与えられた業務はキッチリこなすという前提が必要にはなりますが。従業員には家族がいます。ですので、その近くで働くための手立ては、大きな支えになります。

2. 長期勤続に対する報酬の休暇

何年も同じ会社に勤めていれば、燃え尽きることは避けられません。有給、かつ、復職の保証がある長期勤続休暇(一般的には3ヶ月間)は、社員をリフレッシュさせるのみならず、間違いなくやる気満々で戻ってきます。そんな制度があれば大きな福利厚生になります。長年ひとつの会社に勤めることはそれだけ大きなことなのです。

3. 会議を少なくする

多くの会社が会議をしすぎており、会議を整理しきれないことによって貴重な時間を無駄にしています。あなたが社員なら、週に何度も会議に出席するべきではありません。仕事に集中できるようになれば、社員はより幸せを感じます。全員を会議で拘束することが、物事を解決するわけではないのです。

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

なぜ今? 首相主導の働き方改革