ここから本文です

「お昼ごはん、何にしよう?」に応えるワンディッシュレシピ

エイ出版社 8/23(火) 17:10配信

豚バラ肉を使ったワンディッシュレシピはいかが?

夏休みも後半戦。「お昼ごはん、何にしよう?」も、毎度おなじみの悩みになってくる頃では。そんなときは、豚バラ肉を使ったワンディッシュレシピはいかが? 豚肉はビタミンB群を含んでいるので、夏の疲労回復にはうってつけ。多めのパックを買って、使い分けてもいいかも?

豚肉と豆もやしの炊き込みご飯

黒こしょうが食欲をそそるエスニックな味。豆もやしや、にんにくの芽にはビタミンCが豊富に含まれているので風邪予防にも。

【材料】
豚バラ肉……5枚
塩……小さじ1/2
黒こしょう……少々
酒……大さじ1
ゴマ油……小さじ1
豆もやし……1/2袋
にんにくの芽……4本
米……2合
鶏がらスープの素……小さじ1
しょうゆ……小さじ1

【作り方】
1.米を研ぎ、浸漬しておく。
2.豚バラ肉は2cm幅に切り、塩、黒こしょう、酒、ゴマ油を加えてもみこんでおく。
3.にんにくの芽は1.5cm長に切る。
4.炊飯器に米を入れて、普通炊きの水、鶏がらスープの素、しょうゆを加え、2.3.豆もやしをのせて炊く。

豚キムチチゲ

豚肉とキムチで疲れも吹っ飛ぶスープ。キムチに含まれる乳酸菌は腸内環境を整え、免疫力をアップしてくれる。

【材料】
豚バラ肉……4枚
キムチ……100g
赤パプリカ……1/10個
にら……1/5束
しめじ……1/4パック
あさり……6個
ゴマ油……小さじ1
酒……大さじ1
水……2カップ
鶏がらスープの素……小さじ1
コチュジャン……お好みで
しょうゆ……少々
糸赤唐辛子……適量

【作り方】
1.豚バラ肉は3cm幅に切る。キムチは食べやすい大きさに刻んでおく。赤パプリカはスライス、にらは5cm長に切る。しめじは小房に分ける。
2.あさりはこすり洗いをして、砂抜きをしておく。
3.鍋にゴマ油を入れて熱し、豚バラ肉を炒め、色が変わったら酒を加え、アルコールが飛んだら、キムチ、あさりを加える。全体を炒めたら、水、鶏がらスープの素を加える。
4.ひと煮立ちしたら、赤パプリカ、にら、じめじを加え、辛いのがお好みなら、コチュジャンを入れて、しょうゆで味をととのえる。
5.器に盛りつけ、糸赤唐辛子を飾る。

豚バラ肉と相性のいい、にんにくの芽、キムチ、ゴマ油を使ったレシピ。豚バラ好きの編集M的には、火を使わずに作れる『豚肉と豆もやしの炊き込みご飯』が、この時期、特にありがたかった。洗い物が少なくて済むのも◎

M

最終更新:8/23(火) 17:10

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ