ここから本文です

SMAP今後は歌わない?「世界に一つだけの花」が封印の危機

女性自身 8/23(火) 0:00配信

 ついに解散が決定したSMAP。今後5人は事務所に残ったまま個々に活動していくことになるが、果たして彼らはどうなってしまうのか。テレビ各局は、個々のメンバーたちの動きに早くも注目しているという。

「木村拓哉さん(43)は来年1月からTBSで主演ドラマが決定しています。三池崇史監督の来年公開予定映画『無限の住人』にも出演するなど、今後は映画進出を本格化させていくそうです。稲垣吾郎さん(42)は10年公開の映画『十三人の資格』で極悪非道の暴君を演じ、主演以外でも味のある演技ができると評価されるように。今後は個性派俳優として幅広い活動を目指すといいます。草なぎ剛さん(42)もメンバー全員から絶賛される演技力があります。来年は連ドラとして成功を収めた『スペシャリスト』(テレビ朝日系)の続編ができるとも言われ、彼も役者として足場を固めていくつもりです」(テレビ局関係者)

 いっぽう中居正広(44)や香取は俳優業以外に活路を見いだそうとしている。

「中居さんは現在も多くのバラエティ番組で司会を務めており、その手腕は高く評価されています。今後も司会業の道を突き進むことになるでしょう。香取慎吾さん(39)はSMAPコンサートを演出したり、絵画などアート活動に励んできました。だから今後は文化人的活動に興味があるようです。ただ一部では、芸能活動への意欲を失っているとも言われています。そのため『Sma STATION!』(テレビ朝日系)は年内で終了するとの話も聞こえてきています」(前出・テレビ局関係者)

 こうしてメンバー5人の今後について取材するなか、ファンにとっては悲しい事実が浮上してきた。それは“誰ひとり、歌手活動が選択肢として考えられていない”ということだ。

「NHKとしては当然、今年の紅白歌合戦で5人全員に出場して有終の美を飾ってもらおうと考えています。しかしメンバーはジャニーさんが提案した25周年コンサートを一度断り、民放の音楽番組も辞退している。今さら紅白にだけ出演するというのでは、筋が通りません。局内ではそうした考えが広がっており、『もうKinkiKidsに狙いを変えた方がいいんじゃないかな』なんて声も出始めています」(NHK関係者)

 それでもファンたちは“奇跡”を信じて、『世界に一つだけの花』の購買運動を必死に続けているという。また9月に行われるはずだった25周年記念コンサートの復活をめざし、一部ではオンラインサイトで署名活動がスタート。8月17日時点で3,800人の賛同が集まっているという。だが、SMAPが残した数々の名曲を生で聴くことも今後は難しくなりそうだ。音楽関係者がこう語る。

「なかにはメンバーのソロアレンジ曲として生き残る曲もあるでしょうが、たとえば『世界に一つだけの花』などはSMAPが5人で歌うからこそ意味があるわけです。今後、他のアーティストによるカバーはあっても、メンバーが歌うかどうかという意味では事実上“封印”されてしまうことになるでしょうね……」

最終更新:8/23(火) 0:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。