ここから本文です

政治を身近に感じてもらうために~参院選の動画企画を通して見えたこと

政治山 8/23(火) 17:30配信

 メディアを通じて得る政治の情報は国政に関するものがほとんどで、自分の住んでいる自治体の議会のことはあまり知らないという人が多いと思います。しかし、私たちの暮らしにより直結していることを話し合い、決めているのは地方議会です。山梨県内の若手地方議員が集まる「未来の山梨を拓く議員の会(来山会)」では、互いの見識を深めたり、住民に政治を身近に感じてもらえるような取り組みをしています。来山会の現会長・勝俣大紀 富士吉田市議会議員に、これまでの活動やこれからの目標についてご寄稿いただきました。

        ◇

 未来の山梨を拓く議員の会(来山会)とは、山梨県内の若手地方議員(および議員経験者)によって構成され、情報交換や意見交換、研修会等を通じて議員相互に見識を高め、未来の山梨を構築していくことを目的とした団体である。2011年10月に組織され、現在、県議会議員4人、12市3町の議員(元前職含む)32人の計36人で構成している(2016年5月1日現在)。所属党派も自由民主党、民進党、無所属などと多岐にわたり、まさに超党派の団体。団体としての党派性はなく、「未来の山梨のために」行動すべく、参集した山梨県内の地方議員の集まりである。

 これまでの取り組みとして、山梨を4エリアに区分し、エリアごとの研修会(それぞれの地域を再発見すること)や隔月に行われる来山ラボ(最新のトピックスに従い、講師を招いての研修会)、また、25歳になると選挙に立候補できることを再確認する啓発活動(第二成人式)等、さまざまな角度から未来の山梨について勉強をしているところである。

 最近では、SNSを駆使した企画「ネットで主張 2016参院選やまなし ~動画を見て選挙に行こう~」を実施し、ネット配信している。この企画は、ネット選挙と呼ばれる頃から実施しているもので、今回で4回目となる。その内容は、各候補者にテーマを投げかけ、それについて2分間の動画コメントを撮り、それを比較できるように政治山を通して発信する。また、この企画のコンセプトは、有権者がいつでもどこでも候補者の意見を見ることができるというものである。その結果、今回の投票率が全体で58.86%、前回よりも若干であるが上昇している。

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 17:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。